FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

カップクルアイレストラン

パトンで一番タイ人が集まるレストラン カップクルアイ
IMG_9833.jpg

パトンでは珍しくタイ人が集まる人気レストラン、それを聞きつけた外国人がこれまた集まるレストラン

パトンビーチの中心地から離れ、飾り気のないオープンエアーのレストランなのにいつもタイ人で賑わっているレストランがここ。ガイドブックなどでも紹介されてから、日本人客もよく見るようになりました。
誕生日パーティーなどもよくやっていますね。
人気の理由が、値段と味。
ここまでタイ人が美味しいと思うタイ料理が食べれるお店は、パトンビーチでは見つけるのは至難の業なのです。なので、トゥクトゥクに乗ってでもやってくる人は後を絶ちません。

メニューもタイの前菜・サラダ・シーフード・炒め物などざっと60種以上。
特にここの名物はシーフードの生もの系メニュー。
「ここカップクルアイでしか生牡蠣は注文しない!」という人も多く、それほど新鮮な生牡蠣を食べさせてくれます。
かくいう私も、このレストランに行ったら最低2個は注文しますね。
ちっとも生臭くない肉厚牡蠣のおいしさ、観光客の方にもぜひ試していただきたいのですが、「生牡蠣は、いつでもどこでもロシアンルーレット」 です。無理しないでください。

プーヂャー3つ入り(カニすり身の甲羅揚げ) 85バーツ
IMG_9813.jpg

トートマンクン(エビすり身揚げ)も定番(特にここのは大きい!)ですが、これも大人・子供問わずおいしくいただける味。いつも注文してしまいます。付け合せはキュウリなどが入った甘いソース。つけなくても十分おいしいんです。

ゲーンキアオワーンガイ (チキンのグリーンカレー) 80バーツ
IMG_9818.jpg

辛さひかえめのシンプルなグリーンカレー。

カオパッガイ (チキン入りチャーハン) 45バーツ
IMG_9819.jpg

2サイズあるので複数で食べるときは大きな皿を頼むとよいでしょう。他にカニ・豚・エビ・シーフードなど種類は豊富です。

ヤムマクアヤーオ (長なすサラダ) 80バーツ
IMG_9823.jpg

これも絶対に頼んでしまう一品。唐辛子は注文のときに抜いてもらうように伝えたので一切辛くありません。甘酸っぱいライムとナンプラーで和えたナスサラダには茹でたシーフードも入っていて、アクセントが上にかかった玉ねぎをカリカリに揚げたもの。このコンビネーションは、このカップクルアイでしか食べられない味。

プラーサムロット (スズキの甘辛ソースがけ) 230バーツ
IMG_9825.jpg

カリカリに揚げたスズキに、いつものように3味ソースをかけてもらいました。他にも10種ほどの魚の食べ方がメニューに載っています。上に乗っているのは揚げたハーブの葉。

ホイナンロームソット (生牡蠣) 1個30バーツ
IMG_9828.jpg

これです、これ。
添えられたトッピングを乗せてライムを搾っていただきます。本当に新鮮!

最近メニューを新しくしましたね
IMG_9842.jpg

久々に行きましたがやはりここも若干の値上げをしていました。
それでもパトン中心地より安いのですから、片道200バーツのトゥクトゥク代をかけてでもここにやってくるのは「アリ」でしょう。なによりもおいしい!タイ料理としておいしい!辛いものがとことん苦手な観光客に合わせた味ではなく、地元タイ人に支持される本物のタイ料理がここで待っています。
大人数で利用できるのもいいですね。

いつも利用したあとに「あれも注文したかったし、これも注文したかった・・・・。また来よう・・・・」と思ってしまいます。
今回の心残りはワタリガニの刺身「プードン」を注文しなかったこと。これもここの名物なんですよー。


GAAB KLUAY RESTAURANT
*営業時間  18:00~深夜まで
*場所はパトンからプーケットタウンに向かう際に通る坂道の200メートル手前。
 「プラバラミー」という通り沿いです。
*「アンダマンハウス」というゲストハウスのすぐ隣です。
*アップルツアーよりトゥクトゥク乗車で約8分。徒歩だと30分はかかるでしょう。
*タクシーで行った場合、帰る手段は流しのトゥクトゥクか店で待機しているタクシー。
 どちらにしても車どおりの多い道沿いなので問題ないでしょう。
*タクシーで行く場合は「カーップクルアイ」もしくは「ガーップクルアイ」と言って下さい。
 パトンのドライバーなら9割のトゥクトゥクが知っているお店です。
*大人数でも利用できますが、毎日混雑していますので早め(19時過ぎまで)に行くと良いでしょう。
*オープンエアーでグリーンに囲まれていますので蚊よけ対策をしたほうが良いでしょう。
*メニューはすべて税込み料金です。サービスチャージはかかりません。


スポンサーサイト
2008-04-04(Fri)
 

コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

アップルツアー@プーケット

Author:アップルツアー@プーケット
タイ・プーケットで365日営業中の旅行会社「アップルツアー」です。
おかげさまで2015年8月にてオープン13周年を迎えます!
定番の初心者向けからリピーターやタイ在住者向けまで満足度の高いオプショナルツアーやスパの予約をご相談させていただきます!


*アップルツアーオフィス所在地*
127 Hongyok Utit Road, T.Talad Yai, A. Muang, Phuket
(ロイヤルスパすぐ)
電話(076-354162)
営業時間 9:30~20:00

appletour_phuket@yahoo.co.jp

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。