FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

パンガー湾シーカヌーツアー1

満足度120%!一度は行くべきオススメ日帰りツアー!
IMG_9549.jpg

シーカヌー、とは?
プーケットでは「シーカヌー」と呼んでいますが、通常の川くだりなどで使用する木製カヌーとは違い、長細い丈夫なゴムボートで、1台にひとり必ずカヌースタッフが同乗しオールで漕いでくれるので、お客様は殿様状態で乗っていれば良いだけ。
なぜパンガー湾に行くの?ピピ島シーカヌーじゃだめなの?というところですが、ピピ島ならカヤッキングで十分。パンガー湾は世界有数の石灰岩による奇岩の風景が広がる不思議な空間。42もの島が海から突き出している様子は中国の桂林にちょっと似ていて、でも濃いエメラルドグリーン色に輝く海をクルーズしながら、その奇岩の島にカヌーを使って探検しに行くと、信じられない自然の景色が・・・・・!というのが最大のウリ。
楽しむポイントがいくつもある、参加者の満足度が高いツアーのひとつです。
ディズニーランドのジャングルクルーズのワクワク感を楽しめる人なら誰でも大興奮間違いなし!なのです。

さて、どのようにツアーが行われるのか実際に参加した様子をそのままリポートします。

8:00 ホテルにカヌー社の送迎車がお迎え
IMG_9202.jpg

予定通りのお迎えで私たちが一番最初。この後4ヶ所のホテルで他のお客さんをピックアップしながら満席で船着場へ向かいました。

9:20 船着場へ到着後、桟橋を歩いて船へ
IMG_9210.jpg

長い長いきれいな橋の先端に船が待っていますので、歩いて向かいます。いくつものカヌー会社が同じ出航時間になっているので、自分のカヌー会社名とカヌースタッフの顔を覚えておきましょう。

9:30 出港準備完了!全員揃って出航です。
IMG_9223.jpg

船はすべて2階建て。1階にはカヌーが積んであり、2階がお客様のスペースでベンチやテーブルがあります。私たちのツアーは今回21名のゲスト(日本人は私たち3人だけ)と10人のカヌースタッフが乗り込みました。他のカヌー会社を含めて、全部で8隻が準備していました。

9:40 出航後すぐにスタッフのツアー説明です
IMG_9234.jpg

2階に揃ったゲストに、今回のボートガイドの方が英語で説明を行います。
船の利用方法、トイレの位置、飲み物、ツアー行程、安全についてなどなど。
IMG_9244.jpg

大切なポイントの英語は2回ずつ丁寧に繰り返して話すのが印象的でした。
英会話になれていない方は、ちょっと理解不能な部分があるかもしれません。

これから最初のカヌーポイントのパナック島までのんびりクルーズ
IMG_9265.jpg

船首に腰掛けて風景を楽しみながら行くことができます。大きなパンガー湾内を走行しますので、波は穏やか、船の2階で自由に動きまわってもふらつかないほどの乗り心地のよさ。これがパンガー湾の最大の特徴です。

飲み物などご自由に
IMG_9272.jpg

コーヒー・紅茶・ソフトドリンク、スナックとバナナ・みかんがテーブルに常時置かれて、ゲストは自由にいただくことができます。

10:45 パナック島の洞窟入り口到着
IMG_9291.jpg

約1時間のクルーズで最初のポイントのパナック島へ到着しました。到着前にカヌー乗車の注意があります。
*荷物と靴は安全のために船においてゆくこと。
*カメラはぬれないようにビニール袋を配ってくれます。
*洞窟の中は暗いので大声を出さないこと、カヌースタッフの指示を守ること。
*岩壁に手を触れないこと
などなど。
その後、カヌーが船から降ろされて、大人なら2人ずつ1階デッキから乗船してカヌーコースへいよいよ行きます!

洞窟入り口に向かってゆきます
IMG_9318.jpg

なんと中は真っ暗!戻ってくる他のゲストのカヌーがどこにいるかわからない!しかも中はなんだか臭い!(コウモリが生息しているそうです)懐中電灯で照らしながら、これはもう本格的なジャングル探検に来た気分満載!しかも暗い上にカーブもあって距離も長い!思わず声が出てしまいます。

こんなとこ、通れるの!?
IMG_9346.jpg

座ったままでは岩に激突しますので、スタッフが「寝てください」といいます。岩肌約数センチまで迫りながらの洞窟越え。最初にカヌーで来た人は誰だったんだ?と思ってしまいます。
でも、この洞窟を抜けると・・・・

美しいラグーンが広がっているのです!
IMG_9373.jpg

急にまぶしくなり、自然の岩肌に囲まれた幻想的な世界が広がっているのです・・・。

写真ではこの感動風景は表せません!
IMG_9371.jpg

見上げると奇岩の島に囲まれ、鳥やサル(!!)なども生息している不思議な空間。そこをゆっくりとカヌーで進んで行くのです。

他のカヌーとすれ違うのにギリギリの場所
IMG_9370.jpg

たまに他のカヌーにぶつかりながら、その辺がディズニーのジャングルクルーズと一番違うところ。
一歩間違えば危険と隣り合わせ。さらにドキドキ感が高まってしまうのです。
ここでの約40分のカヌーはあっという間です。

パナック島を出発後、次のカヌーポイントへ
IMG_9391.jpg

約20分で次のホン島に到着。

ホン島に到着後、再びカヌー乗船 
IMG_9397.jpg

もう2度目なのでゲストもスタッフもてきぱき。スムーズに出発します。

ホン島はまるで自然の美術館のような場所!
IMG_9404.jpg

さっきのパナック島は長い洞窟のあとの幻想的ラグーンを楽しむ場所。こちらのホン島は自然のアーチや奇岩が美術品のようにさまざまな顔を見せてくれています。
間近に迫る狭い通り道もここにもあって、またまたスリル満点。
どちらも楽しませてくれます。

いろんなスタイルでそれぞれ楽しんでいます
IMG_9443.jpg

洞窟を抜けたところ
IMG_9450.jpg

狭い!狭い!きゃ~~~!!!
IMG_9454.jpg


Q:さてこのオジサンは水の中に入って何をしているでしょう?
IMG_9422.jpg


答えは、「パンガー湾シーカヌーツアー その2」の最後でわかります。
(後半に続きます)
スポンサーサイト
2008-03-31(Mon)
 

コメントの投稿

非公開コメント

本田さん、常本さん お世話になりました。
まだシェラトンの悪行を思い出しムカついております。
 
がっ アップルツアーがあいからず健在で喜んでおります。
マックスが日本語上達してておどろきました。
ありがとう御座いました。
2008-04-01 14:09 | ラーメン屋のトミ | URL   [ 編集 ]

書き忘れました。 ジャンクセイロンの1階にあるエステに行きました。
大変良かったです。客は男がほとんどでした。
顔の脂がギャ~というほどとれました。
男に人気があるのが納得しました。

店の名前は… おぼえてません すいません。

ハナコじゃなくてタカシという店のとなりです。
2008-04-01 14:27 | ラーメン屋のトミ | URL   [ 編集 ]

今年もご来店ありがとうございました!

また今年も元気なお二人とお会いできてとても嬉しかったです!
シェラトン、残念でしたね・・・。本当に・・・。
トミジマさんのアドバイス、いつも参考になります。
またお会いできますよう、楽しみにしています!

たしか、タカシの隣はファーストスパ。他の二つと違ってフランス製のものを使っていると聞いています。
私もまだなので今度行ってみます。私の脂、しっかり取ってもらいます(笑)

日本はまだまだ肌寒い日もあるかと思います、風邪など引かないようにお仕事がんばってください。
あれから私の頭の中は、にんにくラーメンのことでいっぱいになってます。

ではでは。またお会いできますように!
2008-04-01 16:32 | アップルツアー | URL   [ 編集 ]

シェラトンの請求がアメックスから来てました。
日本円で23万円!

高すぎると思い明細書を確認すると、なんと2日目、3日目と部屋を   チェンジしたのですが、その部屋代が請求されてました!

ようするに3泊で5部屋分です! 

スターウッド・ホテル&リゾート の日本センターに返金と謝罪を求め
交渉中です。

確認不足に反省中です。 バーツから円の計算をミスしてました。

カスをとおり越して、クズホテルです。



2008-04-02 21:20 | ラーメン屋のトミ | URL   [ 編集 ]

それはひどい!

単純に考えて、2人で3泊で5泊分の請求をしてしまう「仕事」にオドロキですよね。
大型ホテルは機械的(自動的)に処理をしてしまうのは仕方ないとは思いますが、「当たり前の仕事を」出来ていないホテルは、どんなに星の数がついていてもやはりひどいですね。
とても残念です。
通常の請求額にスムーズに訂正できることを祈っています。
2008-04-03 16:58 | アップルツアー | URL   [ 編集 ]

プロフィール

アップルツアー@プーケット

Author:アップルツアー@プーケット
タイ・プーケットで365日営業中の旅行会社「アップルツアー」です。
おかげさまで2015年8月にてオープン13周年を迎えます!
定番の初心者向けからリピーターやタイ在住者向けまで満足度の高いオプショナルツアーやスパの予約をご相談させていただきます!


*アップルツアーオフィス所在地*
127 Hongyok Utit Road, T.Talad Yai, A. Muang, Phuket
(ロイヤルスパすぐ)
電話(076-354162)
営業時間 9:30~20:00

appletour_phuket@yahoo.co.jp

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。