FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

パトンのカオマンガイ屋さん

ニワトリとコカコーラ看板が目印のBRILEY
IMG_8526.jpg

蒸し鶏ライスのカオマンガイ
これはタイに来て必ず食べておくべき一品。
一羽のチキンを蒸したものを切って、チキンスープで炊いたごはんの上にのせて食べる料理。
シンガポールにも似たようなチキンライスはあるようですが、タイは一般的にチキンがおいしい上にしょうがが効いた甘辛のタレがなんとも絶妙なコンビネーションとなっています。
残念ながら一般的なレストランでは食べることが出来ず、ラーメン店のようにカオマンガイ専門店でのみ食べることができます。
パトンには屋台としてのカオマンガイ屋さんはたくさんありますが、その中でも長年人気ナンバーワンのこのお店を紹介します。

テイクアウトもイートインも可能
IMG_8529.jpg

久々に行くと奥の厨房だった場所がすべてテーブルのスペースになっていました。全部で60席はあるでしょう。屋内なので昼間は暑いですが、空いている席を見つけて座ってください。
基本的に注文はカオマンガイ。実はカオカームー(煮込み豚足のせごはん)やカオムーデーン(焼き豚のせごはん)なども用意していますが、8~9割のお客さんはやっぱりカオマンガイを注文。
普通盛りは30バーツ。大盛りは40バーツです。
大盛りの場合は「カオマンガイ ピセーッ(ト)」とタイ語で伝えてください。

スープがついてきます
IMG_8511.jpg

普通はこれにパクチーが入っていますが、私はマイサイパクチー(パクチー入れないで)で。
塩味のクリアチキンスープ。クセもなく、カオマンガイにぴったりです。
カオマンガイのタレ
IMG_8514.jpg

カオマンガイ屋の味は、このタレが勝負です。
実際、自分でカオマンガイを作るとわかります。
チキンスープ(私は鶏がらスープとクノールのチキンキューブをちょっと使ってます)でタイ米を炊いて、蒸し鶏をのせるとカオマンガイらしくなるのですが、このタレは自分でなかなか作れません。しょう油・タオチァオ(タイのたまりしょう油)・砂糖・生姜・ニンニク、ってことはわかっているのですが。
生のとうがらしが刻んで入っているのでピリ辛です。避けながら食べてください。

カオマンガイ大盛り 40バーツ
IMG_8524.jpg

1食として食べるのでいつも大盛りを注文します。
鶏皮が好きじゃない人は(カロリー高いですもんね・・・)事前に言うこともできます。
キュウリはお口直しにタイ料理には必ず添えられています。

いつもお客さんはいっぱい
IMG_8530.jpg

パトンでのカオマンガイといえば、ここ。看板にはBRILEYと英字で書かれていますが、未だかつてこの名前で呼んでいる人を見たことはありません。
タイ人も「サイアムコマーシャル銀行前のカオマンガイ屋」という言い方をしています。店頭のガラスケースにぶら下がる蒸し鶏がなくなると、その日の営業は終了となります。

パトンビーチではもう一軒お気に入りのカオマンガイ屋さんがありますが、やっぱり定期的にここに来てしまいます。ちょっと歩いてやってくるだけの価値、十分あります。

*カオマンガイ屋のBRILEY*
IMG_8531.jpg

*営業時間 早朝から夕方(ただし鶏がなくなり次第終了)
*200ピーロード沿い。アンダマンビーチスイート周辺のアルーソン屋台街のアーケード内。
*左隣にはアンダマンコーヒー(カフェ)があります。
*正面にはサイアムコマーシャル銀行(タナカーンタイパニット)があります。
*カオマンガイ (普通)30バーツ (大盛り)40バーツ。お持ち帰り可能。
*ほぼ年中無休。休む場合は表に張り紙をします。
スポンサーサイト
2008-03-19(Wed)
 

コメントの投稿

非公開コメント

マナオが抜けてるじゃないですか!
それと日本の白い砂糖じゃだめなので、
ハチミツで代用してコクを出すといいですよ
2011-09-09 18:05 | 福島県民 | URL   [ 編集 ]

マナオ入っているんですか?気付きませんでした。
では今度はマナオ入れてみます。
砂糖はタイ料理の時はパームシュガー使ってます。
全然コクが違いますもんね。
特にソムタム作る時に日本の上白糖使ったら残念な味になりますよね。

でも最近はずいぶんとタレもうまく作れるようになりました。
あー、食べたくなってきた\(^o^)/
2011-09-09 22:37 | アップルツアー@プーケット | URL   [ 編集 ]

プロフィール

アップルツアー@プーケット

Author:アップルツアー@プーケット
タイ・プーケットで365日営業中の旅行会社「アップルツアー」です。
おかげさまで2015年8月にてオープン13周年を迎えます!
定番の初心者向けからリピーターやタイ在住者向けまで満足度の高いオプショナルツアーやスパの予約をご相談させていただきます!


*アップルツアーオフィス所在地*
127 Hongyok Utit Road, T.Talad Yai, A. Muang, Phuket
(ロイヤルスパすぐ)
電話(076-354162)
営業時間 9:30~20:00

appletour_phuket@yahoo.co.jp

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。