FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

パトンビーチの駐車事情

パトン内の道は駐車禁止地帯が多い! 
IMG_7640.jpg

こちらのバイク2台、駐車禁止で御用!
オフィスの前の道はSawaddirak Road サワッディーラックロードと言います。ここはパトンでも珍しく路上駐車が可能な道路ですが、実は日替わりで南側と北側どちらのみ路駐が可能。

昨日は南側でも・・・・・
IMG_8445.jpg

今日は北側に!!
IMG_7643.jpg

という具合に朝になると自然に変わっています。ほとんど車やバイクの主はまわり近所で働く人やよく利用する人が多いので、みんな間違えずに出来るのです。
朝10時を過ぎるころには、もうバイクも車もいっぱいになりますね。

一目瞭然の駐車違反車両。
IMG_7645.jpg

このバイクのように昨日からここに駐車したまま、たぶん酔っ払って置き去りにして自分のホテルに戻った観光客のバイクでしょうね。(レンタルでした)
警察によってチェーンで動かせないようにロックされて違反切符がシートに挟んであります。
こうなれば、もうパトンの警察署まで違反切符を持って出頭しなければなりません。
ま、ここからなら歩いて10分ほど。もしくはバイクタクシーなどで自分で行って下さい。
罰金は通常300バーツ。
調書みたいなものを一応取られて、コッテリ怒られることもなく事務的に手続きをして終了。
バイクの場所に戻ってみるとあーらびっくり。チェーンはちゃんとはずされているのです。

この路駐の取り締まりのすばやさと、チェーンはずしの連携プレーは、タイの官公庁あるまじきスピード。
ここまでできるなら、ボヤ騒ぎが起きたときに消防車が駆けつけるまで30分以上かからないで欲しい。(実話)たぶんお金がからむとタイ人は作業スピードに一気にターボがかかるようです。
(たとえば電気代不払いのメーター取り外し、とか。これも早いです。)

バイクの駐車はこちら
IMG_8417.jpg

車の駐車はこの四角の白線内に。
IMG_8437.jpg

バイクと車の駐車場所も細かく決められています。
実は、この駐車場所の違反も取り締まりの対象です。私も以前一度やってしまいました。
車と車のわずかなスペースが空いていました。他のバイクも無秩序に停まっていたので疑うことなく。
戻ってみると、チェーンと違反切符。あんなに停まっていたはずのほかの違反バイクはありませんでした。
「他のバイクも停めていたから大丈夫だと・・・」というのは、ワナ(?)です。ご注意!

赤白ゾーンは、何がなんでも駐車禁止!
IMG_8422.jpg

歩道や道路に書かれた赤と白のストライプゾーンも、違反キップを切られます。
基本的に交差点付近やホテル出入り口などが対象です。
ほんの一台分でもチェーンかけられます。

本日もオフィス前で一台・・・・
IMG_8433.jpg

車もタイヤにしっかりチェーンがかけられています。
これはパトンをバイクでパトロールをしているポリスが取り締まります。普段あまり見かけないポリスなのですが、どこからともなくやってきます。

もしこれがレンタカーであれば、罰金逃れでそのままバイクや車を放置してしまう観光客は多いです。
なので、プーケットでのレンタカー・レンタルバイクはパスポートを預けなければレンタルできないシステムになっているのです。
観光客にもパスポートを他人に預けるのは心配でしょうが、レンタル業者も苦肉の策なのです。

交通量が多く、一方通行のルールもすっかり定着したパトンビーチの道路事情。
バイクも車も十分気をつけてドライブを楽しんでくださいね!
スポンサーサイト
2008-03-17(Mon)
 

コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

アップルツアー@プーケット

Author:アップルツアー@プーケット
タイ・プーケットで365日営業中の旅行会社「アップルツアー」です。
おかげさまで2015年8月にてオープン13周年を迎えます!
定番の初心者向けからリピーターやタイ在住者向けまで満足度の高いオプショナルツアーやスパの予約をご相談させていただきます!


*アップルツアーオフィス所在地*
127 Hongyok Utit Road, T.Talad Yai, A. Muang, Phuket
(ロイヤルスパすぐ)
電話(076-354162)
営業時間 9:30~20:00

appletour_phuket@yahoo.co.jp

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。