FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

タイ伝統芸能ナンタルン

ナンタルン、とは・・・・??
IMG_8193.jpg

タイ南部のパッタルン発祥の伝統芸能のひとつで、水牛の皮を加工し色づけした人形に光をあて、スクリーン上に影絵として浮かび上がらせて人間の声と生の音楽で面白ろおかしく演じる、大衆芸能です。
昨夜の町内会の祭りで近所で行われていて、たくさんの近所の人たちが涙を流して笑いながら見ていたので興味がわいて私も見ることに。

そう、タイ舞踊などとはちがって専用シアターなどではなく、お寺や町のお祭りなどにやってきて屋外で行うもの。なので、パトンビーチ地区ではめったに見ることはできません。
私も田舎の方のお祭りでもう少し小規模なものはちらっと見かけたことはありますが、こう大きく本格的なものは初めてです。

観客は年配が多かった
IMG_8200.jpg

近所の人々だけとはいえ、夜9時から始まったこの影絵劇は主に男性の年配の客が多く集まっていました。
正直、話す内容はまったくわからない・・・・。
タイ語でも粗くて早くて理解しずらい南部方言を多様しています。
しかもプーケット語とも少々違う、筋金入りの南部弁です。

まわりでお腹をかかえて笑う観客がうらやましかったです・・・・。とほほ。

スクリーンのうしろはこうなっていました 
IMG_8195.jpg

影絵人形の声はたったひとりのおじさんが、マイクを前にひとりでしゃべってひとりで操作していました。
この技術はすごい!
その後ろには生バンドがずらっと。

で、実は後ろを除いて写真を撮っていると影絵師のおじさんが私を見つけて
「タイ人じゃないな。日本人なのか?おおそうか、じゃあこれあげよう。」
と、なんと人形の1体を私にくれました!
それもマイクを通じて行っていたので観客にも聞かれています。
影絵師は続けました。
「んん・・・タイ語わかんないかな。これはタイの芸術だよ。オレも日本語わからないもんなー。わかるのは『つなみ』だけだな。いや、もうひとつ『はなみ』も知っている。(注・はなみとはタイで有名なお菓子の名前)あとは『トヨタ』か『ヒタチ』か。」
と、新たに即興で会話を作り出し、また観客を笑わせていました。すごい!

もっとすごいことに、人形もらって喜ぶ私をこの後ろの舞台に上がって来いというのです!
もちろん、あがりこみましたとも!!
おかげで影絵師の真後ろでバンドに囲まれて様子を見ることができました。


では紹介します。

肝心要の主人公の影絵師・コンパーク
IMG_8201.jpg

立派なおじさん、でした。
実に4体の人形を操るときは、4つの声色で話します。
人形には手が操作できるもの、口の動きを操作できるものなど種類がありますが、人形にあわせて話しています。
この人のすごいところ、なんと私が寝た夜中1時過ぎにもまだ終わらなかった・・・・。
ということは、4時間以上も話しっぱなしだったのです!!

このコンパークは誰でもなれるわけではなく、代々伝わるコンパークの家系に生まれた人間、もしくはそこで生活を共にし弟子入りした人でなければなることができないそうです。
世襲制なところは歌舞伎や狂言の世界と似ていますし、大衆芸能なところは落語と似ているのでしょうか。

楽器の名前を聞いたところ・・・
IMG_8211.jpg

鼓のような太鼓はクローン
中央のチーンチーンと鳴らしているのは何?と聞くとチンだそう。チンチャップとも言います。
「じゃあ、このコーンコン鳴らしているのは?」と聞くとコンだそうで。
・・・・音が楽器の名前にそのままなっています。面白いですね。

伝統楽器と現代楽器が融合
IMG_8212.jpg

そう、これはシンセサイザー。

ベースとギターも大活躍
IMG_8213.jpg

そのほかにもドラムセットがあって、もうひとつはムエタイでおなじみの縦笛がありました。
これらがコンパークの後ろで動きにあわせて演奏しています。

人形に、命を吹き込みます
IMG_8197.jpg

ひとつひとつの話が終わると、音楽だけが演奏されます。
その間に次の話の人形を準備しますが、その人形の口元にコンパークは何かをささやいています。
こうして人形に息を吹き込んでいるんですね。
それが終わると、このわずかなコンパークの休憩中は栄養ドリンクを飲んでいました。
4時間以上の長丁場、体力と精神力の勝負です。

台本とお供え
IMG_8208.jpg

台本はすべて手書き。それぞれ楽器担当の人にも手書きの台本がありました。
話す内容は台本に沿って行っていますが、話の途中に「プーケットが」とかその行われてい土地名を織り交ぜていたので、即興アドリブも大切なんでしょう。

人形たち
IMG_8206.jpg

立体的なものではなく、平面なもの。水牛の皮を人型にデザインし、色づけされて竹の棒につけられています。
伝統的なタイ衣装を着たものもあれば、現代風のレオタードを来た女性がいたり。
古典的なものと現代的なものが融合されているんです。

いただいた人形です
IMG_8175.jpg

かわいい女性の人形でした。
手を動かすことができるのですが、結構面白いです。
夜中まで本当にお疲れ様でした。
うちのアパートまで音が響いていましたが(笑)、伝統音楽と声色を楽しませていただきました。
言葉がわかれば、もっと面白いんだろうな・・・・・。
スポンサーサイト
2008-03-11(Tue)
 

コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

アップルツアー@プーケット

Author:アップルツアー@プーケット
タイ・プーケットで365日営業中の旅行会社「アップルツアー」です。
おかげさまで2015年8月にてオープン13周年を迎えます!
定番の初心者向けからリピーターやタイ在住者向けまで満足度の高いオプショナルツアーやスパの予約をご相談させていただきます!


*アップルツアーオフィス所在地*
127 Hongyok Utit Road, T.Talad Yai, A. Muang, Phuket
(ロイヤルスパすぐ)
電話(076-354162)
営業時間 9:30~20:00

appletour_phuket@yahoo.co.jp

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。