FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

プーケットでの携帯電話の利用について

日本の携帯を使うか?タイの携帯を使うか?

今は国民総ケータイ時代。それは日本でもタイでも同じです。
タイは早くから携帯は一気に普及しました。家庭に固定電話があまり普及していなかったというのも理由のひとつ。最近では日本人のお客様のほとんどが、海外でも使える日本の携帯電話をプーケットまで持ってきているようです。
細かい制限はいろいろあるようですが、日本と同じ携帯で、日本からメールも電話も受け取れるのは本当に便利です。

しかし、大きな落とし穴が携帯電話での通話料です。

タイで携帯本体を購入する方が安い、かも。
せっかく日常ストレスから開放される南国リゾートでの滞在なのですから、携帯は日本に置いてきてしまうか、持ってきても目覚まし&カメラの利用程度にしておくことをおすすめします。
何よりも、紛失してしまうとシャレになりません。まず、出てくることはないでしょう。

それでも国際電話はかけたいし、大切な電話がかかってくる予定があるし。
そうそう、アップルツアーにスパの予約とかしたいし
(毎度ありがとうございます~)
逆に連絡ほしいんだけどホテルの部屋にはほとんどいない予定だし、困ったなあ。

そんな時。

もしお手持ちの日本の携帯で電話してしまうとこんなに通話料がかかります。
友達とはぐれてしまって、携帯に電話することにしました。
自分→友達はタイ国内にいるのに国際電話扱いなので1分175円かかりますし、着信した友人も155円負担しなくてはいけません。
日本の会社から「キミが担当しているあの書類の件だけど・・・」といきなり会社から電話がかかってきた場合、それでも着信料が1回155円負担の上に一気にブルーな気分にさせられダブルパンチ。
アップルツアーからの連絡は、自分の携帯に電話してもらうことに。
ホテルの部屋の電話で受ければタダだったのに、やっぱり155円かかっちゃった。
(という理由なので、アップルツアーからの折り返しのご連絡はホテルのお部屋へさせていただいております)
そして、これらの通話代金は無料通話分の適応外

帰国後に請求書が舞い込んでビックリ☆ドッキリしないためにも、携帯電話を活用しながら効率よく旅を楽しみたいなら、実はタイの携帯を購入するって方法もあるんですよという提案です。


携帯電話の購入方法

keitaidenwa_convert_20090302154853.jpg

日本で必要な身分証明証の確認や、細かいプランの設定や、手続きの時間(新規なら1時間くらいは待ちますよね)は一切なし!
基本的に、電話を販売している場所で「これください。」「はい、どうぞ」で終了です。
山のようにある取り扱い説明書などや付属品もほとんどありません。
大切なのは、携帯本体とSIMカードの2つを購入することです。

simcard_convert_20090302154719.jpg
携帯を販売している場所では、ほとんどこのSIMカードも販売しています。
たいていの店員は「SIMカードはどうする?」と聞いてきますので、その場で買ってください。
このSIMカード=あなたの電話番号ということになります。


さてその携帯本体の値段ですが、最低価格はいまや1000バーツ(約2800円)を切る商品もあります。
写真の私の携帯は2年前に購入して1700バーツほどでした。(たしか)
電話をかけて・取るだけ、と思ってください。メールや画面、カメラなんて一切期待しないでください。

SIMカードには料金の幅と種類がありまして、タイでは最大手のOne-2-Call(AIS社)かHappy(D-TAC社)が無難でしょう。
理由は、つながりやすさとその後のプリペイドカードの購入のしやすさ(どこのコンビニでも売っている)です。
料金は50バーツという安いものから300バーツくらいのものまで(無料通話プロモーション金額の違いとかいろいろありますが複雑なので省略)
購入した携帯本体にSIMカードを差し込めば(同時に買えば店員さんがその場でやってくれます)もう利用可能。
ここまでの所要時間、たったの5分です。

電話はこれで着信できる、じゃあ発信するには?
さて。電話をかける場合はプリペイドカードが必要です。
One-2-Callなら、コンビニで50バーツ・100バーツ・150バーツ・200バーツ・500バーツなどの種類が売っています。
レジで「ワン・トゥー・コール 100バーツ」と言えば、セブンイレブンでもファミリーマートでもどこでも販売してくれます。
値段の違いですが、50バーツは1週間・100バーツは30日間など有効期限(設定プロモーションにもよる)が設定されているので、最初に大きめの金額(200バーツとか)を購入するとよいでしょう。
なくなれば、また買い足すだけです。
今ではプリペイドカードが日本と同じようにオンラインとなっていため、コンビニではレシートに番号がかかれたものをくれるようになりました。
そこにかかれている番号を押して通話ボタンを押すだけで、通話料金のチャージ終了!です。

つまり、
本体+SIMカード+プリペイドカード=約1300バーツ(約3700円)で、携帯が使えるようになるんです。

どうでしょう?安いですよね。



さて、通話代金は??

この旅行者でも利用しやすいプリペイド式の携帯は、各社料金設定がものすごく複雑でコロコロ変わるのですが、詳しく知りたい方は気合入れて読んでみてください。

One-2-Call料金プラン(英語)

Happy 料金プラン(英語)

現在のところ、どうやら1分3バーツが通常の通話料のようです。0.5バーツとか0.25バーツというプランもあるようですが、それぞれ各コールセンターへ設定が必要ですので、使いやすいプランなどは携帯を購入したお店のスタッフに設定してもらうといいと思います。
もちろん、そのスタッフが面倒くさければそこまではやってくれません。ので自分でやるか、そのまま使ってしまってかまいません。

日本への国際電話ももちろんそのままかけることができます。

005・008・007・009・001のいずれかを頭につけて、日本の国番号81プラス相手の電話番号で直通です。
今のところ、一番つながりやすい008からだと日本までは1分6バーツ(約17円)です。

008の国際電話TOT社(英語)


海外旅行を頻繁にする人なら・・・

もちろん充電の問題は発生しますが、この携帯を購入すればタイだけではなくほかの国に行くときも使えるんですよ。中のSIMカードをその国のモノを購入して入れれば同様に使えるようになるんですね。
もちろん、短い旅行などではわざわざ購入の必要はないかもしれませんが、別行動の時間があるグループ旅行の場合などは待ち合わせなどに本当に便利です。プーケットの公衆電話は、あるけど台数が少ない上によく壊れてますし。
アップルツアーを利用していただいているリピーターの方は皆さんすでに携帯を購入していますので、私たちも連絡が取り易くなるのでとても便利です。


日本よりもずっとずっと簡単に購入して利用できるタイの携帯電話。
旅行にどうぞお役立てください。
スポンサーサイト
2009-03-02(Mon)
 

コメントの投稿

非公開コメント

勉強になりましたv-214
2009-03-03 20:10 | ラーメン屋 | URL   [ 編集 ]

あ、ひなまつりおめでとうございます~☆

年々携帯本体も安くなってますし、v-214一台持っておけばかなり便利ですよ。
充電(電圧やプラグ)の問題がクリアになれば、バリに浮気しようがオーストラリアに浮気しようが、ヨーロッパにまで手を出しても、現地でSIMカードを手に入れればすぐに使えるんですよ。
日本の携帯はすべてロックがかかっているので、それが出来ないんです。
タイは、いつでもなんでも、フリーです(笑)
契約手続き一切なしで携帯買えるのは、タイのいいところですよね。
2009-03-03 22:09 | まり@アップルツアー | URL   [ 編集 ]

申し訳ないですが、携帯も、国際電話も関係なくて申し訳ないのですが、
パトンのHOTELなのですが、できればビーチに近く、サーフィンのエントリポイントにも近く。JFもできればなく、安くといった感じなのですが。。。

どのへんがよいでしょうか。ラヤブリホテルなんかがビーチ近そうかなと思ってるんですが
御社では、ホテルの仲介もしていますか?
また、GW予約取らずにふらっと行ってとれるでしょうか?
2009-03-16 22:54 | k__e__n | URL   [ 編集 ]

GW中のホテルについて

k__e__nさん、コメントありがとうございます。

ビーチ近くで便利な場所となると、アップルツアーのあるサワディラック通り沿いがいいですね。ビーチまで5分以内で一直線です。
例年では5月はまだまだ波が物足りない状態ですが、パトンビーチでは北側(ダイヤモンドクリフ方面)がサーフィンのポイントです。
南側(パトンメルリン方面)の地区にもゲストハウスなどはありますが、サーフィンポイントではありません。

ちなみに、価格はラヤブリ以外はどこも1500バーツ前後ですね。
JFは500バーツ前後。
もうひとつ裏に行ったところのポッパパレスは1400バーツです。
ソイ・ジンタナというゲストハウス通りなんですが、GW頃には1200バーツ前後でJF無しという場所が多いです。
ビーチまでは、細い抜け道を歩くか、サワディラック通りに戻る形となるのでちょっと遠回りになってしまいますがまだまだ徒歩圏内の便利な場所です。

もしホテル手配が必要であれば、オフィス近辺のホテル、
・シルバーリゾテル
・タラパトン
・ロイヤルパラダイス
・ポッパーパレス
・ホワイトサンドリゾテル
・タンティップビラ
などのホテルなどを取り扱ってますので、空港からお荷物持ったままオフィスへ直接お越しください。営業時間は9~20時までです。
それからお決めいただいても大丈夫ですし、お荷物をお預かりできますので実際に見てから決めることもできますよ。

あと1ヶ月ほど、何か不明なことなどありましたら連絡くださいね。
楽しいプーケット滞在となりますように!
2009-03-17 16:35 | まり@アップルツアー | URL   [ 編集 ]

ショッピングについて

始めまして、ゆいと申します。
ブログ更新、いつも楽しみに待ってます。
今年6月頭くらいにプーケット旅行をする予定です。
(その際には是非、スパでお世話になろうと思っています~)

プーケットではタイブランドのお洋服を購入する事は出来ますでしょうか?
(2007年に訪れた時に、ジャンシーロンは出来ていましたが、
まだまだ入っているお店などあまりない状態でしたので、
何も買えずじまい・・・)
そういったものはやはり、バンコクに行かないと購入できないのでしょうか・・・。
2009-03-19 18:05 | ゆい | URL   [ 編集 ]

プーケットでのお洋服購入について

ゆいさん、コメントありがとうございます!
ブログ更新お待ちいただいているということで、嬉しい限りです・・・。
もう少しペースを上げようとは思いつつ、毎日が過ぎて行きます。

ショッピングも楽しみのひとつですよね。
実はジャンクセイロンもセントラルフェスティバルもブログで取り上げたいのは山々なんですが、実はこの2店舗は基本的に写真撮影が禁止となってます。禁止区域での隠し撮りも出来なくはないですが、自主的に決まりを守った上でブログ記事を書いているため、掲載が極端に少なくなっていますことをご了承いただければ幸いです・・・・。
なので、出来る限り文章でお答えさせていただきます!!

タイブランドのお洋服購入ですが、断然バンコクでお買い物される方をオススメします。
セントラル・伊勢丹・ゲイソン・サイアムスクエア・パラゴンを1日かけてまわるだけで、必ず欲しいものが見つかります。渋谷と池袋を足したような場所です。
その点、プーケットにあるデパートは、パトンのジャンクセイロンとプーケットタウンのセントラルフェスティバルのみです。
バンコクの1,000分の1にも満たない品数と種類しかありません。

2007年にこられた時よりもジャンクセイロン内のテナントは充実しました。ですが、タイブランドとなるとイマイチと正直に申し上げます。
セントラルフェスティバルの方は、JASPAL,CHAPSなどのテナントが入っていますのでジャンクセイロンにはないブランドの取り扱いもありますが、それもまだまだですし、最近では撤退するテナントも増えつつあるのが現状です。寂しい限り。

セントラルフェスティバルでお買い得だなあって思うのはロクシタンですね。
日本と同じサイズのシアバタークリームが半額近くで販売している時があって驚きました。
あとの商品は日本よりも少し割高な気がします。

お目当ての商品があるなら、プーケット滞在後の2泊をバンコクでされてお買い物デーにするとベストですね。B級品やアジア雑貨が目的なら土曜日のチャトチャックマーケット、タイブランドや最新のアジアンブランドならサイアムスクエア方面に向かうのがベストです。

実は現在、アウトレットモールが空港からパトンビーチに行く途中、ロータス手前の何もない場所に建設中です。
どんなテナントが入るのかは??ですが、6月に間に合うかどうか・・・。
空港からホテルに向かう途中に見えると思うので、左側に注目!です。

ゆいさんの充実したプーケット滞在になりますように、出来る限りのアドバイスをさせていただきますのでまたご質問などありましたらいつでもご連絡くださいね☆

明日、久々にブログアップする予定なのでぜひご覧ください。
2009-03-19 22:38 | まり@アップルツアー | URL   [ 編集 ]

プロフィール

アップルツアー@プーケット

Author:アップルツアー@プーケット
タイ・プーケットで365日営業中の旅行会社「アップルツアー」です。
おかげさまで2015年8月にてオープン13周年を迎えます!
定番の初心者向けからリピーターやタイ在住者向けまで満足度の高いオプショナルツアーやスパの予約をご相談させていただきます!


*アップルツアーオフィス所在地*
127 Hongyok Utit Road, T.Talad Yai, A. Muang, Phuket
(ロイヤルスパすぐ)
電話(076-354162)
営業時間 9:30~20:00

appletour_phuket@yahoo.co.jp

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。