FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

タイの宝くじ

オフィスに宝くじ売りがやってきました・・・
IMG_5282.jpg
「サワッディ~カァ~」とか細い声が聞こえたので振り向くと、この宝くじ売りの女性が立っていました。

そうです。タイの宝くじはまるでダフ屋のように道行く人たちに声をかけて販売しています。
しかも額面よりも高いというところまでダフ屋そっくりです。
なのでたまにこうしてオフィスの入り口にいつのまにか立って声をかけてくるんですね。

この日は9月1日。そう、抽選当日です。
毎月1日と15日の抽選日があり、たとえば10月1日の抽選の宝くじは9月16日から10月1日夕方の抽選時間まで販売しているんです。こういうダフ屋形式だと当然、抽選中も販売している?
はい、販売しているのを見たことがあります(笑)まあまあ。ここは、タイ。
抽選はすべてTVで生中継をしています。
そして夕方18時過ぎには電話やHPなどで当選番号が確認できます。
翌日には当選番号一覧表が新聞に掲載されています。
もちろん観光客でも購入可能ですが、当選金は日本に持ち出せません。
万が一当選したら当選金を受け取って、プーケットの新築ビラか世界一周分のファーストクラス航空券をご購入ください。
もしくは使い道に困ったら、アップルツアーのオフィス前にこっそり置いてください。
ありがたく頂戴し、笠地蔵のように雪の降る大晦日に本多さんと並んで幸せを届けにまいります。


あいにく、そんな日もやってきそうにありませんので自分で宝くじを購入することにします。

1枚=2枚、なので200万バーツ×2???
IMG_5283.jpg
なぜかこの公営宝くじの用紙は2枚同じ番号がつながっているんですね。
だったら、1枚40バーツで1等200万バーツ×2枚、だけど売値は100バーツで総額400万バーツ、という、数学の常識を無視した販売方法ではなく、1枚100バーツで1等400万バーツで販売すればいいのに・・・・と思うんです。
この辺のわけのわからなさもタイらしいので、ついつい買っちゃいます。

ちなみに、この宝くじ販売員はこう見えても認可制となっています。
タイ人は、好きな番号下2ケタや3ケタを探して購入する人が多いですね。
自分の車のナンバーが一番人気でしょうか。あとは妊婦を見かけるとギャンブラーは出産予定日を聞いたりします。(妊婦は宝くじに当たりやすいそう)
宝くじ当選番号発表後は、たとえば下2ケタが43であれば「43」ナンバーのバイクに乗っていると「宝くじ、当たったな!」と言われます。
ギャンブラーは数字すべてが賭けの対象です。興味のない人にとっては「なんのこっちゃ?」です。

もちろん、今回もかすりもしませんでした。
貴重な100バーツを無駄にしてしまった後悔でいっぱいになります。
それでもまた、道行く宝くじ売りに薦められると「どれどれ・・・」と購入し夢を見てしまいます。

今回は、この女性の麦わら帽子が購入してしまった大きなポイントでした。
次は、どんな売り子がやってくるんでしょうか。それもまた楽しみです。
スポンサーサイト
2008-09-25(Thu)
 

コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

アップルツアー@プーケット

Author:アップルツアー@プーケット
タイ・プーケットで365日営業中の旅行会社「アップルツアー」です。
おかげさまで2015年8月にてオープン13周年を迎えます!
定番の初心者向けからリピーターやタイ在住者向けまで満足度の高いオプショナルツアーやスパの予約をご相談させていただきます!


*アップルツアーオフィス所在地*
127 Hongyok Utit Road, T.Talad Yai, A. Muang, Phuket
(ロイヤルスパすぐ)
電話(076-354162)
営業時間 9:30~20:00

appletour_phuket@yahoo.co.jp

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。