FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

R-Mar Resort & Spa @ パトンビーチ

今年のハイシーズンはここで決まり!

アップルツアーの近くに、またまたまたまた新しくホテルがオープンしました。
といっても、ここは元のジンタナーホテル。

ジンタナーホテル!?

と思った方は、パトンマニア2級レベルですね。(段位あり。)

安!怪!汚!古!の4拍子がそろった、ジンタナーホテル。
古き良きタイの安ホテルって感じで、懲りずになかなかリピーターはいたホテルです。
(いろ~~~~~んな意味で)

そのジンタナーホテルが新しくアールマーリゾートに変わりました。
http://www.rmarresortandspa.com

091119A.jpg
091119B.jpg

以前のジンタナーホテルを知ってる2級取得の皆さんは、ホテルロビーだけでもビックリです。

091119C.jpg

朝食のレストランとなります。


お部屋は4種類のカテゴリーにわかれてます。
デラックス・スイートが2部屋のみ
デラックスルームが52部屋
スーペリア・スイートが2部屋のみ
スーペリアルームが23部屋

091119G.jpg
091119F.jpg

デラックスルームはツインベッドが37部屋あり、ダブルベッドが15部屋
ビルディングによって部屋の広さも34~39sqm(広い!)
ツインベッドが欲しい方は必ずデラックスルームとなります。

091119E.jpg
091119D.jpg

スーペリアルームはダブルベッドのお部屋のみとなります。デラックスルームと変わりない39sqm
今なら4階のビーチ側の部屋から海がのぞけます。
ただ、来年にはビーチ側の建設中のホテルが5階立てになるので海が見えなくなってしまいます。
眺めに関しては期待しませんように。



また詳しいことは次回報告しますね。
つづく・・・・。


P.S 勇み足で明日にでも向かおうと思っている人。
場所がわかるならよいのですが、いきなり「アールマーホテルへ」とタクシーに言っても95%は「ン゛ァ???」と言われますから、周知されるまでは「ジンタナーホテルへ」を併用した方がいいです。






スポンサーサイト
2009-11-28(Sat)
 

ワイン・コネクション

ワイン好きにはぜひ!

ジャンクセイロン・ショッピングセンター内にお好きなワインを選んで、そのままお店で楽しめるお店が人気です。世界各国のワインが豊富に揃ってます。

091022A.jpg

料金も500バーツから1500バーツが中心で、
安いものでも300バーツくらいのワインがお得に買えます。
プーケット島内にも、チャロン地区とラグーナ地区にもお店があり、
タイ国内でもバンコク、パタヤやサムイ島にもあるそうです。

091022E.jpg

ワインのほかにも各種オリーブ、チーズ、ハムやホームメードパンも販売しています。
ケーキも豊富で、フルーツケーキ35バーツ~タルト60バーツなどお手頃価格で販売しています。
もちろん料理などあって、店外にもテーブルやソファーがあり、ゆったりと食事も楽しめます。

091022C.jpg

パスタとデザート&ソフトドリンクのセットで199バーツ
+80バーツでグラスワインも選べます。
その他にもサラダセットやお肉のセットもお得になってます。
*セットメニューは18時までです。

091022D.jpg

カルボナーラ160バーツ、ラムチョップ450バーツ
サーロイン450バーツなどなど・・・

091022B.jpg

ショッピングついでにも、ランチやディナーなど
もちろんワイン好きな方は、落ち着いた雰囲気で気軽にワインを楽しめます。



Wine Connection
営業時間 11時~0時まで
ジャンクセイロン内 (市場方面)


2009-11-13(Fri)
 

Go!Go!プーケット14号

さてさて。
本業でもある無料情報誌&オプショナルツアー詳細表14号が完成しました!!

今回はなんと!
マップルプーケット 改めてGo!Go!プーケットになりました!!
相変わらず名前を変えた意味などありませんが(笑)、たくさんの人たちがプーケットに遊びに来てくれるよう 「願かけ」をしてみました。
よしっ!!行くぜっ!!楽しもうぜっ!! って気分になってくれたら嬉しいな、と思いまして。

091105A.jpg

今回の表紙は、ピピレイ島のマヤベイにしてみました
創刊号以来、ずっと自分で撮影した写真を使っています。
便利な地図あり、写真あり、レストラン情報あり、ツアー説明も多種多様載せています。
相変わらず規定によって料金掲載できませんが、(空港配布冊子には同業者を考慮して料金は入れられないんですよ。不便ですがどうかご理解ください。)プーケット空港に到着して、この冊子をご覧いただいて気になるツアーがあったらお電話で料金のご案内と、料金一覧表をホテルにファックスしていますのでどうぞご連絡ください。

091105B.jpg

‘09-‘10ハイシーズンのオススメツアーご紹介

なんと言っても、ハイシーズンの注目はスピードボートで行くピピ島とカイ島ツアー 
波も穏やかなハイシーズンだから、お子様連れでも遊べちゃいます。
でも狭い船内なので幼児連れだと難しいかも。(とにかくガンガンボートでアクティブにまわるのでのんびりできる暇などないのです。お昼寝や横になったりするのはやっぱり大型船ツアーが便利だよ)

色々な絶景ポイント&シュノーケリングポイントをまわります。
小回りが利いてどこでも上陸できる便利なスピードボートだからこそできるツアー。
乗船時のポイントですが
ボートの先端席は上下に衝撃があるので(波が高い時は特にすごい)、運転手より後方席がおすすめです。
シュノーケリングや上陸する際、席を離れますが自分が座っていたポイントにバスタオルなど荷物を置いて確保していたほうが賢いかも・・・・
4つのコースからお選びいただけ1600バーツ~2800バーツまで料金も様々です。


091105C.jpg

定番になりつつあるパンガー湾のシーカヌーですが、リクエストによって水上生活の村にもいけるようになりました。(ツアー申し込みの時にお申し出下さい)
そして、サンセットシーカヌー(日曜、月曜、火曜日限定です。)はシーフードディナーを船上でも楽しむ事ができます。
そして、スピードボートでシーカヌーを1島、パンガー湾観光をして、最後にカイ島に行くツアーも開催しております。


091105D.jpg

アクティブ系のラフティング&ATVバギーや象のトレッキングをパンガー県の大自然(プーケットとは比べ物にならないくらい壮大な熱帯雨林の山の中)を日帰りツアーで楽しむ事が出来るようになりました。
もちろん、各アクティブをチョイスすることもできます。今年、人気のツアーです。


091105E.jpg

これから人気が出そうなクラビーの島々をスピードボートで回るツアー
幻想的な島々があるクラビーはピピ島に飽きた方にもオススメです。
これからが注目のツアーです。


12月以降にプーケット空港到着ロビーにて配布開始!
いつものバッゲージクレームのそば(国内線・国際線共に)にて無料で置いてありますのでぜひお持ちくださいね。


さあ!いよいよハイシーズンです!
美しい海と自然と笑顔があなたを待っているプーケット。
Go!Go!プーケットです!
2009-11-06(Fri)
 

今年のローイクラトン

今年のローイクラトンは11月2日。とにかく、満月の夜です。

今回は、パトンビーチを離れて反対側のチャロン港へお店を閉店してから行ってきました。
(チャロン港は、ダイビングツアーやコーラル島ツアーの発着地です)
ここは観光客は少なく、地元タイ人や在住外国人ばかりです。
パトンビーチよりももっと地元のお祭りという雰囲気いっぱいです。

駐車場にはド派手なステージ(タイ人のお祭り必須アイテム)を設置して、夕方から夜21時頃まで踊りや歌、ラッキードロー(抽選会)なんかをやってましたが、降ったり止んだりしている雨のせいでドタバタしてました。
そういえば、昨年も19時頃は雨が降っていたはずです。

091102A.jpg

ステージを囲むような形で屋台(タイ人のお祭り必須アイテム・その2)が並んでいました。

091102B.jpg

屋台もありますが、ステージわきではせっせと灯篭を作って販売していました。
家族総出で作って販売している姿は、いかにもタイらしい風景に見えました。

母親→みんなに指示を出しながらせっせと作る。
子供→それを並べて客に声をかけて売る。
父親→近くで飲んだくれてお母さんに怒られる。

091102C.jpg

ローイクラトンは灯篭を流して、1年の罪を流す伝統行事です。

091102D.jpg

こちらはパン屋さんで売っていた、パン製の灯篭です。
魚が食べてしまうので、海に流してもあとに残らないエコ灯篭。
パトンのカルフールでは35バーツで売っていました。
人間も食べれるけど、きっと食べてもおいしくないはずです。

091102E.jpg

さて。
次々と流される灯篭に混じって、子供たちが一緒に泳いでいましたが・・・・。
よく見ると(白いぼやけたのが子供)、上手く流れて行かない押し戻され灯篭を沖に持って行ってました。


今年もステキなタイの行事がひとつ過ぎてゆきました。
いよいよハイシーズンがやってきます。
2009-11-04(Wed)
 

一日中、マヤベイ。

泣く子もだまる、マヤベイの美しい風景
マヤベイというのは、ピピ島にある一角のビーチのこと。
詳しく言うと、ピピ・レイ島(無人で小さい島の方)にあるビーチを持つ湾=ベイ。
昔からピピ島観光名所のひとつでしたが、あのレオナルド・ディカプリオ様がここで映画の撮影をやったことをきっかけに世界中から観光客が押し寄せて、ピピ島で一番有名なツアーポイントとなりました。

でもでも。
観光地になったからといって、今も昔も美しい風景は変わりません。
撮影のためにやしの木の移動があったけど、それも元通りになったし。
あ、昔はなかったトイレが増設されたくらいでしょうか。
ホテルが建つわけでもなく。桟橋ができるわけでもなく。
観光客目的の売店がずらりと並んでいるわけでもなく。
ただただ、とにかく昼間にはツアーボートがずらぁぁぁぁぁ~~~~~~りと並んで、観光客が上陸して去ってゆく数が大幅に増えただけです。

何を言いたいかというと、マヤベイは今も昔もとても美しい場所なんです。


そんなマヤベイに1日中行ってきました。
遊びに・・・・じゃないです。
そんな夢のようなこと、まだまだ忙しくてできないです(笑)
今回は11月28日(土曜日)に放送予定のにじいろジーン(CX系)の収録のお仕事です。

091101A.jpg

プーケットからチャーターしたボートで9時半すぎに到着。
プーケットからは、大型船で1時間半ほど。スピードボートだと45分くらいで到着です。
だいたいのツアーが、まっすぐこのマヤベイへ立ち寄ります。
季節によっては、潮の満ち干きと波に関係で、湾の中に入れないことも。
そうならないためにも、比較的状況の良い午前中に入っておきたいんです、どのボート会社も。
(なので、大型船ツアーは雨季はマヤベイが入ってないんですよ)

091101B.jpg

到着したときはすでに先客がチラホラ。
その後はどんどんどんどんボートの数が増えてゆきます。
プーケット発のパッケージツアー客が主で、スピードボートの数も20隻(!?)近くになりました。
だいたい、ビーチでの滞在時間は20~30分ほどで船に戻ってゆきます。
このビーチではシュノーケリングはできないんですよ。皆さん。
シュノーケルポイントは、湾の入り口の方なんです。
(ちなみに大型船ツアーは湾の入り口の方のポイントでシュノーケリングができますが、上陸は含まれてません)
なので、だいたい一通り景色を楽しんだら別のツアーポイントに移動してゆきます。
このツアー客のピークは、大体10時~11時半くらいでしょうか。
この時間のマヤベイは世界一美しい、海水浴場です。

091101C.jpg

午前中は、ビーチに上陸して撮影です。
お天気も良くてよかった!

091101D.jpg

これが、番組キャラクターの「ジーンちゃん」
少し日焼けして黒くなったかな~~??

091101E.jpg

12時過ぎには、一気に観光客もツアーボートもまばらになります。
ということは、チャーターでやってきた個人客のパラダイスってことです。
世界一美しいビーチ、ほぼ独占です。
思う存分、レオさまになりきって「ザ・ビーチ」ごっこしても誰にも白い目を向けてきやしません。

091101F.jpg

午後からは湾の入り口でシュノーケリング撮影。
ボートをポイントに停泊させて、水中撮影です。
相変わらずお魚いっぱいです。

水族館の水槽を眺めながら
「ああ、こんなにたくさんのお魚(できれば熱帯魚)に囲まれて、泳ぎたいなあ~~~」
と思ったこと、ありませんか?
それが、できるんです。このマヤベイでは。
小さな頃に見た夢が、現実になるステキな場所です。

シュノーケルなんてしたことないし・・・・・・・・。
という方。
でも、やったことある方のほうが少ないのではないでしょうか?
このマヤベイでは泳ぐ必要はないんですよ。
お魚見たい。という気持ちがあれば、できますよ。

①海の中で目をあけていられないから、マスク(水中メガネ)をつける。
②長い間、海の中を見ていたいから、シュノーケルで息をする。
③両手自由にしてお魚に餌付けしながら浮かんでいたいから、ベストを着用する。
 
以上です。難しいことはありません。
このマヤベイで20分も熱帯魚に囲まれていれば、ダイビングライセンス取得しようと思っている自分がいるはずです(笑)

さてさて。
ジーンちゃんは上手くいったのでしょうか???

091101G.jpg

撮影も順調に終了し、15時にはマヤベイを離れましたがこの時間は本当に観光客もまばらでプライベートタイム満喫です。
ちなみに、この時間にマヤベイでプライベート感を味わいたいなら、船をチャーターするしかありません。
プーケットからスピードボートをチャーターするか、ピピ島からチャーターするか。
もしくは、船舶免許を取得しクルーザーを購入してここを目指すか。
ごめんなさい、3番目は現実的ではなかったですね。
でも実際に自家用ボートで立ち寄ったり、気ままに停泊したりする船の姿をよく見かけますのでまんざら冗談でもありません。


ロトか。ビッグか。年末ジャンボか。(涙)


マヤベイを1日かけて取材してみました。

今月28日、朝8時30分からの「にじいろジーン」、をお楽しみに!!!!

2009-11-02(Mon)
 
プロフィール

アップルツアー@プーケット

Author:アップルツアー@プーケット
タイ・プーケットで365日営業中の旅行会社「アップルツアー」です。
おかげさまで2015年8月にてオープン13周年を迎えます!
定番の初心者向けからリピーターやタイ在住者向けまで満足度の高いオプショナルツアーやスパの予約をご相談させていただきます!


*アップルツアーオフィス所在地*
127 Hongyok Utit Road, T.Talad Yai, A. Muang, Phuket
(ロイヤルスパすぐ)
電話(076-354162)
営業時間 9:30~20:00

appletour_phuket@yahoo.co.jp

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。