FC2ブログ

ハードロックカフェプーケット☆直前情報!

LOVE ALL - SERVE ALL
以前にも独りよがりのままお伝えしましたハードロックカフェプーケットのオープン情報ですが、いよいよ工事の足場もはずされ、エントランスの様子が見えるようになりました!
またまた、ですがオープン直前情報の第2弾をお届けします!
できれば毎日お伝えしたいくらいですが、あまりにも皆様のお役に立てそうにもないのでやめておきます・・・。
なんだか宮殿の入り口のような白が基調の入り口。なかなか豪華ですね!

081024A.jpg
この建物全体がコートヤードbyマリオットになります。以前の<グランドトロピカーナ>という中級クラスのリゾートを改装してのオープンとなります。
写真の右側の道がビーチ方向、およびコートヤードのメインロビー側。並びにはブラサリ、そしてその正面にはホリディインプーケットのメインロビー側のエントランス。
文字で説明してもわかりにくいですよね?
まあまあ、見たい人は来てからのお楽しみ☆
左側の道沿いの1階を使ってハードロックカフェがオープンとなります。
この道は、並びにはパトンメルリンのロビーエントランス、その正面にはバウマンブリ、そしてメルキュールパトンと並んでいます。
これもわかりにくい??ま、とにかくプールやガーデンを所有するホテル群が隣接する場所です。

そんなど真ん中にハードロックカフェがオープンですもんね!便利便利。
この近辺ならば踊って騒いで飲んでも徒歩で帰れるんだもん!
千鳥足でバングラ通りまで20分ってとこでしょうか?

081024B.jpg
フォークが「peace」です。これをクロスをさせれば「ウィッシュ」ですね。
はい、わかる人にしかわからないですね。(DAIGO、でしたっけ?)
とにかく「ロック」なのです。
自分で言っててもよくわからなくなってきました。

081024C.jpg
天井がかな~り高そうなので、フロアも広~~い感じになるんでしょうか?まさかね。
人もテーブルもギューギュー詰めでロックとごきげんなゲストの笑い声が響くような空間。
どちらでしょう?
きっと大きなラウンドのカウンターと段差のある食事スペースは必ずある!(勝手な予想)どちらにしても楽しみでーす。
グッズもどんなものがプーケット店に用意されるんでしょうね~。
ぬいぐるみは象?!まさかね。


081024D.jpg
今日は朝からスコールが降ってさわやかな午前中となってます。
青空はすぐそこに見えています。



これ、HRCのオフィシャルサイトからもらってきちゃったもんね。貼っちゃった。
HRC_B_small.gif
そうそう、オープンは・・・・。日付はまだずれ込む可能性があるのでハイシーズン中ってことで。
(オフィシャルHP上でも「2008年秋」から「2008年冬」に変更にしましたし・・・・。)
まあ約10年待ちましたので、ちょっとくらい延期になっても全然平気です。


スポンサーサイト



2008-10-23(Thu)
 

パトンビーチの人たち

気持ちいい天気が続いてるパトンビーチです。
これだから「10月は雨季?乾季?え?」ってことになりますよね。
なので、雨季は「雨が降る日もあるけど、晴れる日もある」季節で、乾季は「とにかく晴れ!でもごくたま~~~~に小雨」って季節。
ホテルの料金など11月からハイシーズン料金になってきますので、お得な料金でこんなに良いお天気の10月、狙い目ですよ。
今日はビーチを散歩してみました。青空にはパラセーリングを
楽しんでいる様子が。気持ちいいでしょうね。

201008B.jpg

相変わらずのビーチボーイ
今日は何も言わず日陰でお昼寝中みたい

201008A.jpg
普段は「やる!やる!ジェットスキー?」と近寄って
来るのだが、いたって平和で大人しいビーチボーイです。

201008C.jpg
タイの子供たちは、学校が一ヶ月もお休み中です。
タイの学校は長期休暇が日本よりも多いんです。学期末からの春?休みは2ヶ月以上もあるんですよ~。うらやましいですね。
カニを取ってましたが、かなりの大きさが獲れましたね。
1日中、子供に遊ばれてるカニもお疲れ気味です。

201008D.jpg
お客さんも少ないのか
日陰で芸を磨いてるビーチボーイもいました。
コレで商売をしようとしてるのなら、立派な心がけです。
ハイシーズンにはビーチで芸をしながらマリンスポーツを
斡旋してるビーチボーイが見られるかも。

雨季と呼ばれているローシーズンの最後の月。
気持ちいい青空と白砂のビーチではみんなのどかに今日も遊んでます。


2008-10-19(Sun)
 

移動屋台の麺屋さん

ついつい食べちゃう、タイの麺屋台
今日は麺を3度も食べてしまった。
近頃、移動屋台の麺屋さんが増え続けていて、次々とオフィス横で停車して販売を開始しそのたびに周りの人たちが群がっている。
朝、昼前、昼後、夕方と別々の麺屋台が回ってくるのでそれぞれの屋台の味見をしたくて食べてしまった。
いつも夫婦で来る移動屋台の麺屋さんは夕方にならないと回ってこない。
作っている様子、次々と売れてゆく様子をガラス越しに眺めていると、夕方まで待ちきれずについつい注文してしまいます。

151008e.jpg
夕方の三食目には汁無しの細麺ライスヌードルを食べることが多い。
ライスヌードルとは、極細のビーフン、平たい中麺、平たいワンタンのような麺など主に3種類あり、あっさり味の弾力のある麺でタイのラーメンはこの麺が主流です。
ちなみに朝の一食目は汁あり細麺ライスヌードル大盛り←朝から大盛りです。
「大盛り」といっても日本のカップラーメンくらいのボリュームで食事としては物足りない量なので1日何度も食べることができちゃうんですね。実際、女性でも2杯同時に注文する人もいるくらいです。
昼過ぎには二食目の汁ありをインスタントラーメンの麺で注文しました。
タイではインスタントラーメンの麺でも屋台で作ってくれるんですね。袋の中に入っている調味料も使い、その屋台オリジナルのスープとあわせて具材も豊富にのせてくれるので自分で作るよりも豪華なインスタントラーメンになるのでなかなかおいしい。
一台の麺屋さんでも色々な麺があり具も異なる。その屋台麺屋のよしあしは日本と同様スープが決め手となっているようです。
151008b.jpg
オーダーの仕方は、まず麺と具を選ぶ。

151008c.jpg
次に汁ありか汁無しを選ぶ。
「細麺ライスヌードル+ツミレと豚肉入り+汁あり」などと細かく注文しなければならない。
日本のように「しょうゆ1つ!」とか「ネギチャーシューね」というわけにはいかない。
「卵麺の汁ありラーメン1つ。麺は固めでもやしは大目、豚肉は少なめで内臓は入れずに。唐辛子はほんのちょっとでパクチー大盛り。それをアップルツアーオフィスへ出来上がったら届けてね」

これを忠実にやってくれるラーメン屋さんは本当にえらいと思う。
もっと驚くことに、常連になればこれが「いつもの1つ。」ですべて忠実に用意してくれるからすごい。
店主に怒鳴られながら余計な事も言えずに食べなきゃならないラーメン屋がある日本のことを知ったらきっと驚くだろうね。

151008d.jpg
あれだけ細かく注文したはずなのに、なんと最後は自分なりに味付けをしてください、とスタバでいうところのコンディメントがもちろん無料で用意されているんです。
タイの麺屋さんは心が広い上に太っ腹なんですね。
後は、自分の好み・その時の気分で味付けを楽しみましょう。
砂糖、唐辛子、ピーナッツ粉、唐辛子入りお酢、ナンプラー(魚のしょう油)が
手元にあるので、お好きなだけどうぞ。もちろん何も入れなくても十分おいしくなっていますがさっぱりしたい人はお酢、深みを出したいなら砂糖、辛めが好きなら唐辛子、成人病を気にしない方は塩分たっぷりのナンプラーなどはいかがでしょうか?

このように、同じ麺屋台でもいろんな種類のラーメンをそのときの気分の味にすることが出来てしまうのでついつい注文してしまうんです。
どの屋台も1杯だいたい30~40バーツ程度。
プーケットの暑さの中で食べる屋台ラーメンもなかなかのものですよ。ぜひお試しください!

151008a.jpg
今日のビーチは晴天で暑い!
ビーチボーイも暇なのか、ジェットスキーが砂浜へ下ろされることもなく出勤時のままの状態でいる。
ヨーロッパからの観光客は相変わらずのんびり日光浴しているパトンビーチです。

2008-10-15(Wed)
 

パトンビーチの果物屋台

おそらく、パトンビーチで一番人気の果物屋台がアップルツアーに毎日来るんです 
毎日、果物屋台が1日何台もお店の前を通りすぎていく。
その屋台の中でダントツ一番人気でかならず周りの人たちが群がるのが、このお兄ちゃんの果物屋台だ!
1日をかけて日中にパトン内を移動しながら販売しているのだが、いつもお店の前に現れるのが午後の3時前後、といつも決まったルートを決まった時間に回っているんです。
周辺のタイ人たちが何人もの他の果物屋台をやりすごしても、このお兄ちゃん屋台を待ちわびて集まってくる。同じように見えて、美味しい屋台をちゃんとタイ人は知っているんですね。

04102008A

人気の秘密は果物の種類である。スイカやパイナップルでも必ず甘いモノを売っている。カリスマ八百屋並みの眼力で厳選しているのだろう。必ず甘みが乗っているのには本当に驚く。ハズレがほとんどないのだ。
お兄ちゃんが仕入れる果物は本当に良いものが多いからだ。一人でも2品は食べれそうだ!
果物は、その場で切ってくれて竹串を添えてビニール袋に入れてくれる。
その手際もプロそのもので、他の果物屋台とは一線を介している。

この果物屋台は良く見るといろんな形の屋台がたくさんあります。このお兄ちゃんはいわゆる「バンコク式」の屋台。氷の入ったガラスケースにきれいにカットされた果物を収め、歩いて押してゆく人力形。パトンビーチは元々バイクで移動するサムロー型と同じ人力形でもケースが大きく屋根がついた形のものが主流でした。このお兄ちゃんのようなバンコク形は7~8年前から営業しており、当初パトンには7台しかなかったのです。今はもう少し増えていますが、ここよりも人口も多く販売競争が激しいバンコクで営業を行っていた人たちがパトンビーチに上陸したため、かなりの目利きが販売しているので「当たり」なことが多いようです。

04102008B

パトンでの果物屋台の相場はこのくらいです
スイカ、パイナップル、パパイヤが一切れ10バーツ。
パイナップルでも蜜の乗った甘~い特別な種類のものはもう少し高め。
グアバ1個25バーツ、青梅で漬けたグアバは1個40バーツ
青酸っぱいマンゴ(熟していないもの。甘辛い調味料と食べるんです)は20~30バーツ。
熟したマンゴは1個40バーツ。
冷やしたココナッツは1個25バーツ。これはその場で割ってストローをつけてくれます。
季節の仕入れ値によって値段は変わってますが、スイカとパイナップルと青マンゴは
1年中変わんないようです。


DSCN7699.jpg

季節によってはこんな果物屋台もパトンビーチを回ってます。
ドリアン屋台である。仕事中のタイ人が買って行った。どこで食べるのだろうか?
食べた後はそのまま仕事をするのだろうか??


今日のパトンビーチの空

DSCN7731.jpg

観光客が少なくビーチボーイたちは元気がない!
もうちょっとでハイシーズンだぞ!
のんびりしていられるのも、今のうちだけだぞ!
2008-10-03(Fri)
 
プロフィール

アップルツアー@プーケット

Author:アップルツアー@プーケット
タイ・プーケットで365日営業中の旅行会社「アップルツアー」です。
おかげさまで2015年8月にてオープン13周年を迎えます!
定番の初心者向けからリピーターやタイ在住者向けまで満足度の高いオプショナルツアーやスパの予約をご相談させていただきます!


*アップルツアーオフィス所在地*
127 Hongyok Utit Road, T.Talad Yai, A. Muang, Phuket
(ロイヤルスパすぐ)
電話(076-354162)
営業時間 9:30~20:00

appletour_phuket@yahoo.co.jp

ブログ内検索