FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

雨降りパトンビーチ

日曜日から、降ったり止んだり・・・・
IMG_2559.jpg

今日の夕方のどしゃ降り雨です。
河川の氾濫・山の地すべり、月曜日には24時間洪水警報も発令されていたプーケット。
特にお客様の多い先週から今週にかけて、残念なお天気になってしまいました。

波も高く、2~3メートルとのこと。
IMG_2567.jpg

滞在期間の長いお客様には、船利用の島ツアーの予約は少し様子見をしていただいています。
ゴルフのお客様は、がんばりましたね(笑)「行きますっ!!」ということで向かいましたが、風邪など引いていらっしゃいませんか??心配しております。
パトンビーチでは傘と雨合羽が必需品です。

旅行に来られる際は、軽量の折りたたみ傘をご準備されるといいですが、だいたいのホテルには雨季だけ貸し出し傘をすでにお部屋に用意しています。大きくて立派なホテル名入り傘です。

早く止まないかな~~
IMG_2582.jpg

絶対に雨なんか降るな!などとは思いません。雨は必要不可欠な自然現象です。
でも、雨は適度な量で休み休みお願いします、と心から願ってしまいます・・・。
こうして5日連続で雨だと、私が悪いわけでもないですがお客様に申し訳ない気持ちでいっぱいになってしまいます・・・。

雨でもがんばってます!
IMG_2592.jpg

屋台のおじちゃん・おばちゃんたちは本当に働き者。
とても重い天秤竿を担いで今日もお仕事です。がんばってください。
こんな日は、おじちゃんの暖かい食べ物がありがたいんですよね・・・。

もうすぐ、晴れるニャ。
IMG_2598.jpg

ホントかい!?うちの看板ネコが申しております。
信用しているよっ!お願いしますよっ!

雨が降った日、プーケットを覆う南国の植物たちが一気にイキイキし始めます。
そんな風景の中、必ずやってくる晴れの日を楽しみにしながら今を過ごしましょう。
スポンサーサイト
2008-06-26(Thu)
 

本日のアップルツアー

アップルツアーオフィスの様子
IMG_2498.jpg
 
そういえば、オフィスの様子のことを全然紹介していませんでした。
初めてパトンビーチに来られる方も、「サワディラックロード?」「ビーチロード?」と言われてもわかりませんよね。
なので、オフィスの様子とまわりの様子を写真にさっき撮って来ました~。

まずはこちらがオフィス正面からの写真。
わりとスペースが広いので、木製ベンチを2つ置いています。
ここでは通りすがりの方がよく休憩しています。
営業時間にはカウンターを置いて、プーケットの地図やオプショナルツアーの料金表などを持っていっていただけるように用意しています。
ここまで来ていただければぜひ、お声かけていただきたいのですが、まずはここで料金の確認やご検討いただけるように準備していますよ。

目印の、3本のヤシ(ビロウ)の木
IMG_2502.jpg

となりの「ハリウッドビーチホテル」のバーの屋根を突き抜けてど真ん中(店内に根っこがあります)から生えている3本のヤシの木はビーチロードから良く見えるので、これを目指してくるとアップルツアーがあるんです。

オフィス内の様子
IMG_2457.jpg

ご相談カウンターが2つにチェアがそれぞれ2つずつあります。
自慢のチーク製のカウンターです。

開業当初からお客様をお迎えしている籐のチェア
IMG_2453.jpg

こちらのチェアで用意している「地球の歩き方」とか地図を読んでいかれる方も多いです。
特に2~3月の学生旅行が多いときにはオフィス混み合います。

無料でインターネット、ご利用いただけます
IMG_2456.jpg

日本語でお使いいただけるパソコンを用意していますので、メールチェックなどにご活用ください。
オフィスはワイヤレスアクセスポイントでもあります。
ノートPCお持ちの方でしたら50人まで一気に来店しても大丈夫です(笑)
全員オフィスに入りきらないですが。

喫煙コーナー
IMG_2459.jpg

オフィス内は禁煙ですので、お外のスペースに木製ベンチを置いています。
たまにネコちゃんのお昼寝場所ともなっているところです。
スタッフたちで打ち上げバーベキューなど開催するのも、このスペースです(笑)。

そういえば、数年前のお正月。
「正月にはお餅くらい食べなきゃ!!」とオフィスは年末から大忙しだったにも関わらず、ここに七輪を出して、お客様から日本からお持ちいただいた「お餅」を焼きながら営業していたときもありましたね。
まわりのご近所さんたちが白いサトウの切り餅を見て
「なんで、石鹸なんて焼いているの?」
と不思議そうに聞いてきて大爆笑したことを思い出します。

ほらほらっ!オフィスから海が見えますよ!
IMG_2467.jpg

背の高い木の場所がもうビーチです。

パラセイリングが・・・・
IMG_2488.jpg

見えますか?ちょうどパラセイリングが通過中。

マンゴスチン石鹸&お土産販売コーナー
IMG_2517.jpg

おなじみ!の石鹸工房から直送の自然派石鹸・マンゴスチンハーブ石鹸&シャンプー・リンスなど数種類のオリジナル商品を販売しているスペースです。
このマンゴスチン石鹸については、また次の機会にゆっくり・たっぷり紹介します・・・。
一休さんのフルーツ炭もたくさんの種類を用意していますよ!
先日はアラブ首長国からの男性のお客様が購入されました。ベッドルームに置きたい、と。
どちらも大人気。ご来店のお客様の半分は、こちらのお土産目的なのです。


6月は通常、一年のうちで一番の閑散期。
にも関わらず、最近ご来店&お電話での問い合わせが多いので「???」です。
もう直行便が復活したのかと思っちゃいました(来月です)
ピピ島から戻ってきた大学生3人組も、2月の卒業旅行でまたプーケット来て下さいね!
2008-06-22(Sun)
 

ザ・ビストロ by ミレニアムリゾート

なんと!今だけミレニアムリゾート内の飲食すべて50%オフ!!
IMG_2359.jpg

<ミレニアムリゾートパトン・レイクサイドのロビーです>
毎日毎日ミレニアムリゾートの前は通りますが、実はまだ入ったことは1度しかありません。
ましてや食事はしたことありません。
でも、6月30日までメニュー全品50%オフ!となれば慌てて出かけました!
バーゲン・セール・アウトレットなど様々な割引モノに敏感な今日このごろ。(←というか、いつもです。)

ミレニアムパトンには4つのレストラン&バーがありますが、すべての店舗・すべてのメニューが50%オフ、ですよ!
しつこいですか?

とにかく、行ってきました。

レイクサイド側の1階・the bisto
IMG_2360.jpg

レイクサイドご宿泊のお客様の朝食レストランにもなっているこのビストロには、洋食とタイ料理、そしてシンガポール系のホテルらしく多国籍料理もありました。
メニューは全体的に少なめですね。ジャンクセイロン併設なのでわざわざホテルレストランでお食事される方も少ないのでしょう。
ランチの時間(12時半ごろ)に入店しましたが、ひとりもお客様見かけませんでした。

無料のパンがサービスされました
IMG_2337.jpg

バターがバラの花びらをかたどっててかわいいですね~

スパゲティカルボナーラ 260バーツ→130バーツ
IMG_2339.jpg

しいたけ入りの濃厚なカルボナーラ。麺はやわらかめ。作りおきだったら許さんぞ!
濃かったです。だけと味は薄め。盛りは少ないけどちょっとだけ残しちゃいました~。スミマセン。

サーモンのエスカロップ 350バーツ →175バーツ
IMG_2344.jpg

下にひいてあるのはズッキーニのサルサとカリフラワーのピュレです。

ランチにはこの程度でちょうどよいくらい。
これにジンジャーエール(70バーツ→35バーツ)でぴったりのランチでした。

本当はビーチサイド側の2階にある多国籍レストランのSTRAITS DININGと迷ったんです。
ワンタンスープ 120バーツ→60バーツに惹かれてしまって。
でもまだ6月30日までの特別割引、とのことなので来週のランチにまた行ってこようと思っています。

どうやら、レストラン入り口には50%割引なんて表示はなくて、ジャンクセイロン入り口側にある広告と割引券がなければ適用にならないらしい???んですが、
なぜか、アップルツアーにて割引券配布中(笑)
スタッフに数枚渡されてしまって。
そんなに毎日来るように見えたかしら??

普通のタイ料理、トムヤムクンやタイチャーハンもすべて半額!
ジャンクセイロンで迷ったら、ホテルディナーはいかがですか?
ただし、今月いっぱい、です。

THE bistro
場所 ミレニアムパトンリゾート・レイクサイド1階
営業時間 7:00~23:00
*店内は屋内席・屋外席に分かれています。
*となりのバーでは今月行われているユーロの観戦モニターが用意されていました。
 (こちらのバーでもお飲み物が50%オフです!)
2008-06-19(Thu)
 

PSホテルのレストラン

PSホテルのレストラン、はあなどれない! 
IMG_7027.jpg

ここのレストランは昔から洋食もタイ料理もおいしいことで有名。
しかも、一等地のわりにはお安く食事できるので、ハイシーズンは常に満席が続くレストランなんですね。
メニューはすべて写真付きなので、英語表記でも誰でも簡単に選べます。
少し前に屋内側(ロビー内)の席の改修工事を終えて立派になりましたが、お昼は屋内・夜は屋外をオススメします。
席数は50前後しかないため、ハイシーズンなら午後7時までに入店されるといいでしょう。

揚げ春巻き 60バーツ
IMG_1827.jpg

ソースは甘いプラムソースとピリ辛のチリソースがついてきます。
春雨の野菜がたっぷりでおいしい!

海老のニンニクガーリック炒め 120バーツ
IMG_1830.jpg

たっぷりのニンニクの香りがとても良いです。辛くないので誰にでもおいしく食べられます。

チキン入りグリーンカレー 100バーツ
IMG_1831.jpg

結構な量なので、2~3人でシェアすると良いでしょう。やや辛いけど丸ナスもたっぷり。

豚肉のレッドココナッツカレー炒め 100バーツ
IMG_1833.jpg

タイ語でパネーンムーという料理なのですが、どこのレストランでオーダーしても当たり外れのないメニュー。辛い料理が好きな方はぜひ注文してほしいです。
ごはんとの相性バツグンです。

空心菜炒め 60バーツ
IMG_1834.jpg

タイ料理の定番。ビタミン・繊維質摂取のため、生野菜よりも栄養価が高い空心菜炒めは毎日食べていただきたい!オイスターソースとニンニクの組み合わせは誰にでも受ける味。
唐辛子がそのまま入っているので、食べてしまわないように注意!

安い割に、しっかりしたタイ料理
実はパスタもピザもおすすめです、ここのレストラン。
タイ料理も一通り揃えて、他にもヤムウンセンやカオクルックガピ、パイナップルチャーハンなどが人気のようです。
生ビールも飲めるのですが、今回は3人でお食事してライス、飲み物(テンモーパン45バーツ・パイナップルジュース40バーツ・アイスコーヒー50バーツなど)を1人2杯づつオーダーして、合計725バーツでおなかいっぱい!ちょっとずつ残してしまったくらいです。

途中に雨が降ってきましたが、屋根のついた場所にスタッフがすぐに誘導。結局すぐ止みましたが、歩行者や車の流れを眺めながらのディナー。
見逃しがちなゲストハウス1階にあるちいさなレストランですが、おいしくて安いタイ料理を食べたい方は一度ここに行ってみましょう。
数人でディナーを食べるときに意見が分かれた時にもいいですね。

あ、アイスコーヒーだけは残念な味でした(笑)
でもテンモーパンはやっぱりおいしかったです。

P.S HOTEL RESTAURANT
場所 バングラ通りから徒歩3分。ミスターグッズシーフードとなり。
電話 (076)340184
PSホテル公式ホームページ
営業時間 7:00(朝食)~23:00 年中無休
お一人様 予算100~200バーツ程度

2008-06-18(Wed)
 

タンティップビラ

先月オープンしたばかり!ハイシーズン満室必須の豪華ゲストハウス
IMG_1898.jpg

(道路から見たタンティップビラ全景。新築の左側の建物はすべてデラックスルーム)
はじめまして。タンティップビラと申します。
以前は数室しかなかった、誰の目にも止まらないような小さなゲストハウスでしたが、今年いつのまにか新しいビルディングがオープンしていたので見学に行くと、パトンビーチトップクラスの素敵なお部屋のゲストハウスであることが発覚!
特に中・長期滞在者にオススメしたい場所なのでご紹介いたします!

新築のデラックスルーム 2002号室(2階)
IMG_1161.jpg

ダブルベッドとツインベッドが選択できますが、こちらはダブルベッド。リネンも上質。
見学用に飾りつけをしたお部屋ではなく、これが通常のお部屋デコレーション。
とにかくオシャレなんです!

デラックスルームには全室大型液晶テレビが!
IMG_1158.jpg

ベッド正面に凛々しく壁に位置しています。これだけでかなりの頼もしさを感じます。
その横にはソファもありますが、それでもまだスペースに余裕あり、の40㎡。
家族での利用も、アリです。

デラックスルームの備品やアメニティは、高級リゾートホテル並み
IMG_1155.jpg

無料のコーヒー・紅茶セットと毎日2本の飲料水と専用ケトル。
バスルームにはかわいらしいパッケージのシャンプー&バスフォーム、石鹸、カミソリ、ソーイングキット、シャワーキャップ、コットンパッドなどがシンク横の木のボックスにきちんと並んでいます。

モチロン、バスタブとは別にシャワーブースまで!
IMG_1146.jpg

足を伸ばして入れるほど大きいバスタブには、ヘッドレストついているんです。
バスルームは、一般的なホテルよりも広め。「広い」と定評のあるバウマンブリリゾートのバスルームと同じか、ややタンティップビラのこのデラックスルームの方が広いと思います。
ちょうどこの反対側には、ガラス張りのシャワーブースが別にあります。

家具やファブリックはすべてチェンマイから運んだそうです
IMG_1177.jpg

入り口がまず広い。ダイヤモンドクリフくらい広い。そして入り口のクローゼットが信じられないくらい広い。スーツケース収納できてしまうでしょう。テレビもとっても大きい。通常より狭いのはバルコニーの広さくらいでしょう。
内装がやっぱり上質なので聞いたところ、すべてチェンマイ製とのこと。センスも良いです。

くつろぐならばちょうどいいかもしれませんね
IMG_1164.jpg

狭い、と言ってもテーブルセットが設置されています。(客室内は禁煙のため、喫煙はバルコニーで)
そして、2~5階まであるデラックスルームのうち、すべてバルコニーの方向は同じ(プール&海側)なのですが、2階のこのバルコニーが一番狭く、3~5階まではもう少し広めです。

もうひとつのビルディング(旧館)はこちら。
IMG_1193.jpg

3階建てでシンプルなゲストハウス。それでも全室バルコニー付きでガーデン&プールが見渡せます。

一番安価のスタンダードルームのバルコニー(1階)
IMG_1194.jpg

なんだか隠れ家っぽくてよい感じではないですか?

スタンダードルームのベッド
IMG_1199.jpg

旧館の真ん中にある階段を挟んで左側がスタンダードルーム(1~3階)で右側がスーペリアルーム(1~3階)です。
スタンダードルームのバスルーム
IMG_1196.jpg

大きな違いは広さ(倍くらい違います)、シャワーだけかバスタブ付きか、カウンターがあるかどうか。です。やや古めのデザインは両方とも同じです。
一般的なゲストハウスと同程度ですが、新築のデラックスルームを見た後では見劣りします。でも全室ドライヤーとセイフティボックスがついているなど、他のゲストハウスに宿泊されるなら、タンティップビラをおすすめしますよ。

旧館スーペリアルーム 201号室(2階)。とにかく広い。
IMG_1210.jpg

入り口から長方形になっていて、調理器具なしのキッチンスペース(ここで調理できればすこぶる良いのに・・。)、バスタブ、ベッド、バルコニーの順で並んでいます。

スーペリアルームはスタンダードとやはり差があります。
IMG_1215.jpg

狭い部屋がニガテな方はスーペリアルームを。こちらはやけに広いです。
それでも一昔前のデザイン。床の色、家具、カーテンやベッドカバーなどやや昭和の香り(?)がします。
現在、買収されて工事中のグランドトロピカーナのような古さ、パトンリゾートのガーデンウィングのような古さがあります。
はっきり言いますが、私なら値段重視でスタンダードか、思い切ってデラックスを選びます。
それほど、デラックスルームは料金を払って選ぶ価値ありです。
 

それほど広くはありませんが、プール付きです
IMG_1224.jpg

道路側からレセプションを挟んでプールがあります。
ジャグジープールも設置されていて、新築ビルディングの1階4室は、実はデラックスプールアクセスといって、お部屋のバルコニーから直接プールに入れます。

ただ、広いプールを備えたホテルのプールアクセスとは違って、ここは狭いプール。
今から10月までは閑散期なのでまだしも、満室ハイシーズンにこの客室の目の前には他のゲストが意外と近くに感じられ、気になる状態というのが目に浮かびます。
プールアクセスのお部屋を満喫したいのなら、ホリディインのブサコンウィング・安価なホテルならバウマンブリ・そしてタヴォンビーチビレッジのプールアクセスビラを選ぶべきでしょう。

☆これはアップルツアーブログをご覧いただいている方への秘密情報です☆
ホテルの公式HPにも載っていない情報で、ホテルからしっかり伺った情報。
でもホテルとしても言いたくない情報。でもブログご覧のお得意様のみの情報。
実は、デラックスルームの4・5階からは海が見えるんです☆
あーあ、書いちゃった。(笑)

もちろん、同じカテゴリーですが全室同じ方向を向いていても3階まではプールとガーデンしか見えず、たまたま5階まで作ってしまったら海が遠くに見えてしまった、という状態だそうです。
なので、予約時の確約なし、の暇な時期限定のリクエストベースということをご理解ください。

とにかく、今年開業するいくつかのホテルがありますが、コストパフォーマンスに優れる良い注目のゲストハウスです。
難点を挙げるとすれば・・・・
☆ジャンクセイロン・バングラロードより遠い(徒歩20分はかかるでしょう)
☆裏のホテルが建設中のため、昼間のみ工事の音が・・・・。(4~5階なら大丈夫、とホテル談)
工事の音の状況とホテルの位置に関しては、となりのホテルアイビスパトンも同様だと思います。
オススメ理由は・・・・
☆値段の割には立地も客室設備もダントツ優れている
☆パトンビーチの中でも透明度が高いビーチまで徒歩5分!
☆中心地は離れていても、安いマッサージ屋やパトンいち大きな屋台街は近い!


THANTHIP VILLA タンティップビラ
IMG_1233.jpg

(朝食はこちらのレストランで。デザインが素敵です。)
*場所はグレースランドのある細い道を入って約300メートル右側。
*グレースランドとホテルアイビスのちょうど間です。
*住所 4/1-3 CHALERMPHRAKIAT RD. PATONG BEACH KATHU PHUKET83150
*電話 (076)344307、(076)290500
タンティップビラ公式HP(英語)

アップルツアー店頭販売現金料金  
      スタンダード(旧館)   シャワーのみ   1200バーツ
      スーペリア (旧館)   バスタブ付き   1500バーツ
      デラックス (新館)   バスタブ付き   1900バーツ イチオシ! 
      デラックスプールアクセス(新館1階)    2500バーツ
料金はすべてツイン(ダブル)。税・サ込み。朝食付きのお値段です。

* 上記は2008年10月31日までの料金です。11月1日以降につきましてはお問い合わせください。


2008-06-13(Fri)
 

雨季のプーケットのお天気予報

2日前から雨模様。(6月11日午後4時シービューホテル前)
IMG_1920.jpg

それまでは夜中にスコールがやってきて、昼間は最高の青空が広がってとってもよい気候が1週間以上も続いていたのですが、とうとう2日前くらいからお天気怪しくなってきちゃいました。
どうやらあと2日はくもり時々雨、のようです。
天気図を見る限り大きな低気圧ではないので、雨は降ったりやんだりのようですが。
今日の午後は青空が見えてましたし。

それでも子供は元気!(6月11日午後4時シーガルリゾート前)
IMG_1951.jpg

かわいい赤ちゃんとパパが、雨上がり直後のビーチで遊んでいました。
お天気悪くっても、パパと一緒だから楽しいよね~~!

わりと当たるお天気予報サイト、見つけましたよ!
サイトによっては、「雨も一滴も降らずにこんな晴れているのにぃぃ!!!」という日でも「雷雨。」の一点張りなお天気予報もあるし、私たちもあまり信用ならないなあって思っています。
そんな中、「これは意外と当たっているかも。」というサイトを見つけました。
しかもちゃんと最新予報が細かく更新されていますよ。

なんと、それはさっすが!の日本気象協会の「世界の天気予報」サイトです。

プーケットお天気予報サイト

やっぱり日本はすごいですねえ~。
タイはお天気は自然のもの。予想したからといって役立てることは考えていません。
「晴れたら晴れたでヨシ。」「雨なら雨で、それもまたヨシ。」のような、マイペンライ精神。
プーケットにおけるツアーやお出かけは雨にとても左右されることが多いので、もう少しだけでも天気予報というものを役立ててくれればなあって思います。

私たちは、毎日空を眺めて経験上でお客様にアドバイスをするしかないんですよ。タイ気象協会さん。
3日前にもロシア人のお客様に「明日は天気なのか!どうなんだ!」としつこく食い下がれてしまって、
「FINE.........I hope.」と言って笑われたではないですか!

アップルツアーでは、当社日本語ガイド付きの島ツアーをお申し込みのお客様に限り、当日のお天気状況によって無料順延サービスを行っています。
これは当社ガイドがアップルツアーだけのお客様をお迎えに行くことにより実現できるサービスで、所定時間より前にご連絡をいただければ次の日に無料で変更する、というサービスです。
(お申し込み時に詳しいご案内させていただいております。なお、英語混載ツアーは催行会社規定に準じます)
少しでもよいお天気の日に行きたいですもんね!
私たちも、お客様が満足していただくために出来る限りの努力をさせていただきます!

とにかく、明日からピピ島は良いお天気となりますように!
2008-06-12(Thu)
 

MKレストラン@ビッグC

パトン、ではなくプーケットタウンのビッグCのMKスキレストラン
IMG_1445.jpg

さあ、みなさん!タイといえばタイスキ!ですよ!
10年前はコカというタイスキ専門店が代表的なタイスキレストランでしたが、今はもうタイ全土すっかりMKスキー(とタイ人は発音しますのでこれで続けさせていただきます)一色、といってもいいのではないでしょうか?
そのくらいメジャーとなって、プーケットではこのビッグC、セントラル、プーケットタウンのロビンソン前、そしてパトンビーチのジャンクセイロンにはMKゴールドなる高級バージョン店まであるくらいです。(メニューはあまり変わらず。値段は6~8割増し。悔しい。)
鍋を囲むのがすきなのは、タイ人も日本人も一緒です。

最近好きなメニューは、とにかく野菜中心!
IMG_1450.jpg

これは野菜セット108バーツ。まずこれを頼みます。
これだけでいいくらいです。結構なボリュームですよ。
でもやっぱり物足りないのでちょっとだけ追加。
練り物は魚豆腐1皿、お肉は豚肉スライス1皿。あとは・・・

サイドオーダーとアフターが楽しみなので、控えめオーダーで。
IMG_1447.jpg

鴨肉の煮込みと豚のカリカリ揚げ。119バーツ。
このMKスキーの良いところは、点心や中華系の料理もおいしいこと!
特に豚のスペアリブ煮込みは、これだけでごはん1膳いけるくらいのおいしさなので、タイスキは控えめ&サイドオーダーを頼むのがMKスキー通。(かな?)

タイスキが完成するまで。その1・具材をとにかく入れる
IMG_1451.jpg

とにかくなんでも放り込みましょう。面倒&わからなければ店員さんに「やってください」とお願いするだけです。
ただ、春雨だけは後入れの方がいいです。本当は海老も。
私はお肉やツミレ類を先に入れ、野菜で覆うようにします。

タイスキが完成するまで。その2・蓋をして待つ。
IMG_1457.jpg

MKスキーは特注の電気コンロなので、温度調節もボタン(3段階)なのでわかりやすい。
とにかく待ちましょう。

タイスキが完成するまで。その3・蓋をはずして、食べるだけ。
IMG_1460.jpg

湯気で曇っちゃいました。
この外したときに春雨を入れるとちょうど良いです。しかも長時間放置すると、せっかく始めに気を使った甲斐がなくなります。春雨の存在を忘れずに早めにお召し上がりください。
(なんだか私、やけに春雨にうるさくないですか?)

正しい食べ方。
IMG_1462.jpg

一人に一つずつある穴あきお玉で水分を切りながらお椀に入れます。
タレは少し辛いので、加減をしながらつけて食べましょう。
お椀で少し冷まさなければ、やけどしますので注意。

基本的にMKスキーのタレは2種類。味は同じでパクチー入りとパクチーなし。
始めはこのタレの味にもなれなくて、いつもおしょうゆをもらっていました。
ある日、日本のポン酢を持参するとあ~らびっくり。とってもおいしくなりました!
その後この甘辛タイたれもおいしく食べられるようになりましたが、もし辛い味が苦手な方は「マイたれ」の持参をオススメします。
MKスキーのスタッフは、誰もお咎め無しです。
セントラル店ならば、1階のスーパーでポン酢を買ってからGO!も可能です。

雑炊もいいけど、グリーン麺派になりました
IMG_1455.jpg

元々麺好きなので、最後に雑炊を以前はよくしていましたが、最近はグリーン麺を頼むことが多いです。

この作業が、なんだか楽しい
IMG_1473.jpg

一気に鍋に入れるのではなく、穴あきお玉に一口分を入れて鍋で湯通しをして食べます。
なんだかやることが増えて急に忙しくなりますが、楽しいしおいしいんです。

これがっ!ウワサのMKダンス!!
IMG_1464.jpg

本当は動画アップしたいのですが、皆さんが実際にMKスキーに行った時の楽しみがなくなっては申し訳ないので(本当は、動画アップ方法がわかりません)、写真で。
ちょうど1時でした。店内は半分くらいの客の入り。
全従業員(ただし一部の偉そうなスタッフ以外)が客からかなり近い位置に等間隔に並び、やや照れを見せながらも、思いがけないアップテンポの曲に合わせて足は小さくステップ&手にはカスタネットで踊ります。
これが、かの有名なMKダンス!!
ほんの3分ほどでダンスは終了し、スタッフは何事もなかったように仕事に戻ります。
「今のはなんだったんだ!!!」という驚きがないのは、客が全員ウキウキしながらタイスキという楽しい食事をしているからでしょう。
それよりも、初めて見ることができたので嬉しかったです。

ちなみにスタッフに聞いたところ、平日のお客様の少ない時間はダンスはやらないそう。
ほどほどの客入りの時間、もしくは土日祝日などは毎正時(11:00、12:00、13:00・・・)に行うそうで「もうあまり恥ずかしくはなくなりました。」とのことです。

パトンのジャンセイロン内のMKゴールドではMKダンスサービスはないのでご了承ください。

それにしても、タイスキって楽しいお食事ですよね。

*MKレストラン*
*今回はプーケットタウン方面の大型スーパー・ビッグC1階
*営業時間 11:00~22:00(ただし、21:00前にラストオーダーとなります)
*今回は2人で食べて398バーツでした。お一人予算2~300バーツ前後です。
*メニューはすべて写真と日本語が入っているのでわかりやすいです。
2008-06-07(Sat)
 

パトンで旬のフルーツ

雨季はおいしいタイフルーツがたくさん出回ります!
IMG_1122.jpg

5月に入ると次々とフルーツが旬を迎えて、安く店頭にお目見えします。
これはおなじみ、ランブータン。
現在では1キロ20バーツ、2キロで35バーツ程度。
実は今年は豊作でランブータンの価格が大暴落をし、ランブータン農家は大変なようです。
一生懸命、おいしくいただいているのですがさすがに6月ともなると飽きてきます・・・。ハイ、

IMG_1124.jpg

フルーツ女王のマンゴスチン。
こちらもだいたいランブータンと同じ価格で、同じ時期に出てきます。

甘くてジューシー、幸せのマンゴスチン。
IMG_0703.jpg

これはマンゴスチンのおしりのヘタ(?)なんですが、中で分けられた実の数と同じです。
スイカの縞模様と種のラインが同じ、というのと同様でしょうか。自然界の神秘ですねぇ。

これは雨季でも今だけ!の味。この時期を逃すな!
IMG_1680.jpg

楊貴妃が愛したライチでございます。
今がまさにライチの旬のど真ん中。今しか食べられない生ライチのおいしさ!
本来ならば収穫するとすぐに鮮度が落ちるために生ライチは日本で食べることはほぼ無理。
なので、どうしても冷凍ライチや缶詰ライチになってしまいますが、今パトンのフルーツ屋さんでは枝付の生ライチが売っているんですよ~。

しかもこれ、大きい!水分たっぷりであま~い!
IMG_1701.jpg

久々にこんなにおいしいライチをいただきました!
これでちょうど1キロ。80バーツと言われましたが、これでも(!?)やや鮮度が落ちてるってことで70バーツにおまけしてもらいました。
いったい、収穫してすぐのライチはどれだけおいしいんだろう???

写真を見る限り、木に生るじゃがいもに見えますが・・・
IMG_1716.jpg

ロンコンと呼んでいます。これは1キロ50バーツでした。
南部タイではおなじみですが表舞台になかなか出てこない果物なので、「私はロンコンが大好物!」という人はかなりのタイ通に入るでしょう。
何せ、見た目チビじゃがいもの地味~なフルーツですからホテルの朝食などには並ばないでしょう。

控えめな甘さと酸味、なのにこのほのかな香りは・・・
IMG_1722.jpg

ちょっと固めの殻をむくと、白い実が入っています。すこ~し香りがある程度ですがほぼ無臭。
マンゴスチンと同様に中で分かれていて、種はあるけど、そのまま飲み込もうか出してしまおうか迷う程度の微妙な小ささ。
でも味はなかなかクセになりそうなニクい味。甘いんだけどちょっと酸っぱい。でも木の実の優しい味。
ロンコン、おすすめです。旬は始まったばかりです。

おなじみのバナナ。ですが、このバナナは違う!
IMG_1734.jpg

どう違うのかは私もわかっていませんが、人間の指程度の大きさしかないバナナです。
たしか「女性の指の爪」という名前を持っています。
本当に一口サイズ。普通のバナナよりもほんの少し固めで甘みが強い。
タイは普通のバナナ1房20本付いても20バーツほど。でも1日一本ずつ食べていると必ず残ったものが黒ずんでおいしくなくなります。
でもこの1口バナナは1度に3~4本食べれるのでちょうどよい食べきりサイズ!
しかも驚きの1房10バーツ、でした。たぶんおばちゃん計算違うよ。普通は20バーツくらい。

ここ数年、このバナナしか購入しなくなりました
IMG_1752.jpg

安価なフルーツのひとつ、バナナはタイ人はほとんど興味を示さない食べ物となっています。(購入しなくても、近くの庭に生えているんです)でも、チュンポーン県産のこの種類だけは買ってでも食べる人がいるくらいおいしいんです。
タイに来るとバナナはいろんな種類があって、葉も実も花もいろんな使い方をして思いがけない形で食卓に並んでいるんです。


タイはいつでもマンゴスチンやドリアンがあるように思われていますが、1年中出回るフルーツと、時期限定のフルーツがあります。
もしタイ人が日本にやってきたときに、
「日本は桃がおいしいらしい!桃はどこで売っている?」と2月に言われても
「ガイドブックに載ってた柿が食べたい!」と5月に言われても困るのと同じ様に、果物には旬があります。
ランブータンやマンゴスチン、ドリアンは1年中あるわけじゃないんです。

なので、おいしくて安い旬のフルーツは雨季の風物詩。
珍しい果物はまだまだこれから旬を迎えますので、ぜひ堪能してください!

*パトンビーチ内でのフルーツ屋台の場所*
①アップルツアーからサイナムエンをまっすぐ。パトン病院のとなりに数軒屋台が常設されています。
②ロイヤルパラダイスホテルから大通りに出たところ正面に3軒ほど並んでいます。
③意外とカルフール内では安価でフルーツが販売されています、が味はいまいちなことが多い。
④カットフルーツは日中を中心に、パトン中を練り歩いてます。
⑤ナナイ方面住宅街のマーケット2ヶ所。朝11時ごろから夕方18時まで。
2008-06-06(Fri)
 

シューティングカフェ

6月1日にジャンセイロンにオープンした実弾射撃のできるカフェ!!
IMG_1790.jpg

タイでは何ヶ所か、プーケットでも今は3ヶ所ほどで実弾射撃体験ができますが、ここはタイ初☆のショッピングセンター内にある射撃場となってしまいました。
ちゃんと拳銃使っているんです。

で、名前がシューティングカフェとなっていますが、カフェの機能はほぼ果たしていません。美味しいコーヒーをいただくために入店することは強くオススメしません。
あくまで、メインは実弾射撃、なのです。
「よくもまあ、こんなところに作ってしまいましたね」というのが正直な感想です。
大丈夫なんですか?いろんな関係の許可、とか法律とか、本当に大丈夫ですか?

一応、カフェスペースがあります。
IMG_1803.jpg

入り口はガラス張りとなっていてカフェスペースとなっています。
ここには射撃を行っている様子がモニターに映し出されます。

近い!!的がすごく近い!
IMG_1796.jpg

ショッピングセンター内なので限られたスペースで作った努力には拍手しますが、きっとみなさん意外と確率良く中心に当てられると思います。初心者向けですね。
ちなみに係員に「子供は何歳からできますか?」と聞いたところ、「う~~~ん・・・・。」と考えてから
「8才・9才くらいならもう大丈夫、かな。」
いいんですか!?本当にそんな小さな子がやって大丈夫なんですか!??
ちょっと心配。

おじさんインストラクターが説明してくれます
IMG_1797.jpg

男性スタッフがかなり多く出入りしていました。射撃中はとなりで補助してくれるようです。
説明、といっても英語で5分程度。銃の種類を選んで使い方を教えてもらうのです。

私の目の前で・・・・・
IMG_1801.jpg

外国人(どうやらオーストラリア人)カップルが射撃場に入っていったので係員と一緒に同行見学させてもらいました。女性は私のとなりで同じようにデジカメで撮影していました。

さて、いよいよ・・・・・。となったときに、
バーーーーーン!!!!
と想像以上の銃声が響き渡り、その女性と私はビックリして2人で慌てて外に飛び出してしまいました。
「OHHHHHH!!!!!ジーーーーザスッ!!!」と、私も同じように叫びたかったくらいにビックリしました。
私は人一倍、爆発音がニガテです。花火も爆竹も、クラッカーですらニガテです。それは認めます。
でもその彼女と「男ってどうしてこういう射撃好きなんだろうね。理解できないわ」って外で会話をしたように、男性で興味のある方にはたまらないスポットなんでしょうね。

料金は・・・・
22口径 10発 690バーツ
38口径/9㎜/11㎜ 10発 850バーツ
ショットガン 10発 950バーツ

となっていました。
案内文にそれぞれの拳銃のタイプがかかれていましたが、それほど重厚なタイプではないにしろ、スミス&ウェッソン社の99、686など映画でおなじみの拳銃が用意されています。

さらに!オープンのみの特典でしょうか?
30発(3セット)を行った方には、無料であと10発(1セット)!
となっています。

マネキン君がお出迎え
IMG_1808.jpg

オープンしたばかりなので、いたるところにスタッフが客引きをしています。
それでも外国人客は興味シンシンのようで、何組も立ち止まってスタッフと話し次々に入店していましたよ。
ショッピングセンター内とは確かに便利かもしれませんが、「ダーツバー」や「プールバー」などの感覚で「シューティングカフェ」を作ってしまったのでしょうか。
やや心配です。さて、どうなる??


*SHOOTING CAFE in JungCeylon*
*営業時間 11:00~23:00(ジャンセイロンに準じます)
*場所 ジャンセイロン内シノプーケットエリア (レストラン街)1階
     中庭のザ・ポートからロビンソン入り口の正面あたり

2008-06-05(Thu)
 

パトンビーチ最新情報!!

スターバックス・パトンビーチ4号店、オープンするみたいですよ!
IMG_1759.jpg

場所は今年オープンしたばかりの「ラ・フローラリゾートパトン」のエントランス。
マクドナルドの反対側ですね。工事の様子から、1ヶ月以内にはオープンするでしょう。
このホテルのロビー入り口は両手に花、状態。
そんな例えが正しいかはわかりかねますが、ラ・フローラの登場とその近辺へのこうしたアウトレットの入居によって、にわかにアップルツアー方面が賑やかになり始めました。
確実に津波前よりも、人の流れが変わっているんですよ。

パトン一等地、サヴォイシーフードの横は工事中
IMG_1763.jpg

バングラロードの海側のT字路の角には、泣く子も黙る(?)サヴォイシーフードレストランが存在します。
その隣の敷地にはテーラー屋さんやお土産の店舗が雑然と並んでおりましたが、それをきれいなアーケードにするべく工事に入っています。2ヶ月ほどで完成するそうです。
もちろん、この土地もサヴォイシーフードの所有地。相変わらず羽振りよいです。

今日のパトンビーチの様子です。
IMG_1777.jpg

朝からシトシト雨が降っていました。雷もゴロゴロと。
今日は一日中雨の日かと覚悟しておとなしくすることに。
でも午後になるときれいな青空が見えてきました。
もう完璧な雨季に入りましたね。すぐ上がる雨、そしてその後の青空はプケの雨季の特徴です。
ここまで安定すれば、もう安心です。順調に雨季に入っています。

絶好のお昼寝日和、ですなぁ~~~
IMG_1780.jpg

雨がさっと降った後は暑さも和らいで風も気持ちよい。
うちの看板ネコもお昼寝してばかりいます。
(もう一匹の茶トラは、すっかりオフィスの中で寝ています・・・)

あっ!!!!
大切なお知らせ、忘れてました。

マッケローニ、再開してま~~~~~す!!!
もうっ!もうっ!こんなに気を揉ませてっ!
毎晩のようにお店に電話をかけて、営業しているかどうか確認する日々でした。
昨夜、また電話をすると思いがけずイタリア人のオーナーが出ました。
出ると思っていなかったので、一瞬何が起こったのかわからなかったくらいです。

「あれ?営業、しているんですか?」
「していますよ~」
「先月、何度も連絡していたのですが・・・。」
「ははは。ソーリー。先月いっぱい、ホリデイでした。もうオープンしましたよ」
 

それならそれで、連絡してくれるか、張り紙で告知すること。心配しましたよ!

というわけで、近々またマッケローニを楽しんできまーす!やった~~!!!


2008-06-04(Wed)
 
プロフィール

アップルツアー@プーケット

Author:アップルツアー@プーケット
タイ・プーケットで365日営業中の旅行会社「アップルツアー」です。
おかげさまで2015年8月にてオープン13周年を迎えます!
定番の初心者向けからリピーターやタイ在住者向けまで満足度の高いオプショナルツアーやスパの予約をご相談させていただきます!


*アップルツアーオフィス所在地*
127 Hongyok Utit Road, T.Talad Yai, A. Muang, Phuket
(ロイヤルスパすぐ)
電話(076-354162)
営業時間 9:30~20:00

appletour_phuket@yahoo.co.jp

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。