FC2ブログ

Mom’s Kitchen

これが日本のお母さんの味。

パトンビーチで「日本のお母さん味」が楽しめるようになりました!!
経営はもちろん日本人。脇さんが奥のキッチンで一皿づつ料理を作ってくれます。

確かにプーケットには「タイ人に大人気の」日本食レストランがあります。
でも、なんか、ちょっと、うん、いや、そうだなぁ、まあ、っていう日本食を食べることができます。
ファミレスレベルですね、まさに。
「うん、こんなアジアの南の島で、よくやったぞ」ってレベル。
しかし!ここMom’s Kitchenは日本にあるそのままの食堂といいますか、そのまんま、なんです。
日本で営業していてもなんら遜色ないお店。それがパトンビーチに登場なのです。


メインは定食類、もちろん麺類や一品料理なども豊富で家庭で食べれる
料理が揃ってます。
味はプーケットの日本食レストランの中で一番!
本物の日本の家庭料理なんです。

なんでそんなに強調するんだ?と思われるかもしれませんが、
これはプーケットにおいては奇跡なことなんですよ!!!
在住者も観光客も日本人が多いバンコクでは当たり前のことかもしれません。
でも、ここは、プーケット。そして、パトンビーチ、なんです。
在住者を代表して、万歳三唱させていただきたいところです。
そして、すでにプーケット在住日本人たちが押し寄せています。

310309A.jpg

生姜焼き定食:150バーツ(小鉢、ご飯、味噌汁、お漬物)


310309B.jpg

餃子:80バーツとマカロニサラダ:70バーツ
人気なのが、冷やし中華は100バーツ

310309C.jpg

脇さんが一人で切り盛りしていますので、お客さんが多いときは料理が遅くなるけど、中のカウンターで飲みながらワクワクして待ちましょうね。
お店の中はいたってシンプル。

310309D.jpg

サバ塩焼き定食:160バーツ
サンマ塩焼き定食:170バーツ
塩鮭定食:170バーツ
刺身定食:170バーツ
とんかつ定食:150バーツ
ハンバーグ定食:170バーツ
野菜炒め定食:140バーツ


「もうダメだ~~~!!ナンプラーもパクチーも絶対に見たくない~~!!早く日本に帰りたい~~!!」
って思っている在住日本人&観光客(社員旅行に多い)の皆さんは、是非「ホッと」しに行ってください。

Mom’s Kitchen

場所:プーケットタウンからパトンビーチに入る坂を下りて50メートルほど右側。
50メートル右側に車のショールーム、向かいの路地を入って直ぐ。
sleep with meの向かい。
営業時間:12:00頃〜22:30頃(暫定です。) 日曜定休日
電話:089-996-1297


スポンサーサイト



2009-03-31(Tue)
 

CAFE NERO ジャンセイロン店

甘く見ていたカフェめしでしたが・・・・
IMG_5112.jpg
パトンのジャンクセイロンにオープンして久しいこのブラックキャニオンコーヒー系列のカフェネロ。
避けてたわけではないですが、いや、避けてたんです。正直に言いますと。
コーヒーならスタバ派なので、どうしてもスタバに行ってしまいます。
お食事メニューもあることはわかっていましたが、なぜでしょう?今の今まで行くことはありませんでした。

レストランとして、おいしかったんです。とても。
IMG_5115.jpg
チェーン店なので「電子レンジちーん」だと勝手に思ってました。
あとは、わりとありきたりのメニューなんだろうなぁ、と。
たぶんそれに似たものではあると思いますが、まずお店に入って豊富なメニューと意外とお手ごろ価格のワンプレートメニューが充実していて、店員があきれるほどにメニューをまじまじと見てしまいました。

コーヒーはやめてみました・・・
IMG_5124.jpg
これはレモングラスの甘いジュース40バーツ。
ブラックキャニオンのコーヒーが口に合わない気がする私は、大好きなレモングラスジュースを見つけてオーダー。他にもビタミンたっぷりの甘酸っぱいタマリンドジュースなど、タイらしいドリンクも。
お水からノンアルコールカクテル、生ビール(ハイネケン)までドリンクメニューも豊富です。
ただし、タイコーヒーとタイミルクティーの甘い味は日本人の方は驚くかもしれません。
でも選択肢は広いのでご安心を。スイカシェイクやストロベリーシェイクもありますよ!

シーフードグリーンカレーのほうれん草クレープ包み 120バーツ
IMG_5141.jpg
クレープで包んだという面白さと、しっかりしたグリーンカレーの味が絶妙でした。
そうなんです。通常のタイ料理にひと工夫を凝らしたメニューが多いんです。
それでいて、オリジナルの味をしっかり引き出している。大ぶりのムール貝に満足。
これはまた食べたい一品となりました。

なすのモッツァレラチーズとトマトソースのグリル 90バーツ
IMG_5129.jpg
たっぷりのとろとろモッツァレラチーズとトマトソースが焼いた米ナスの上にかけられています。
写真じゃ伝わりにくいと思いますが、熱々です。チーズもとろ~っと。
のけぞってしまいました。これはうまいっ!

海老みそ風味のごはんに川エビのチリソース添え 120バーツ
IMG_5151.jpg
ごはんと組み合わせたワンプレートディッシュが多く、実はこのメニューは一般家庭で食べられているようなメニューなのですがこうして工夫を凝らしておしゃれな一品となっています。ゲーンソムという酸っぱくて辛い有名な家庭料理があるんですが、定番の卵焼きも添えられていてセンスのよさを感じる一品です。これはチリソースといっても辛さ控え目の濃い味付け。ごはんがすすみます。

一般的なメニューはもちろん、洋食・イタリアンまでもういろいろ・・・
IMG_5126_20080831152806.jpg
入店した時はまだこのように空席がありましたが、30分もたつと満席。
そう、お買い物途中のランチにぴったりなお店なんです。

パスタを使ったメニューも多く、トムヤムクンスープに入ったスパゲティ130バーツや、フィットチーネを使ったパッタイ(タイの焼きそば)風130バーツ など、珍しくて試してみたい・・・。という、他では食べられないメニューがたくさんあるんです。
もちろん、カルボナーラやシーフードパスタ、サンドウィッチなどの一般メニューもあるんです。
メニューの中で一番高いものは、ステーキメニューのストリップロイン350バーツ。
本当にお手ごろ料金でお腹いっぱいになります。
メニューの価格帯はだいたい90バーツ~130バーツ。

ちょっとタイにおけるカフェめしを甘く見ていました。食べやすくオーダーしやすく、居心地の良いソファー席のあるここは、友達やカップルで来るのにぴったりです!
お店は小さめで席数も限られています。

「タイ料理はイマイチ苦手なんだよなぁ~~」とか
「タイ料理通だからこういうレストランのタイ料理は別に・・・」とか
「屋台とか行く勇気なくて、清潔なレストランでタイ料理食べたい!」とか
そんな人にだまされたと思って一度試して欲しい穴場なお店です。
「おいしいレストランはどこですか?」と聞かれた時真っ先にはこのレストランの名前は出さないと思います。
でも、滞在中のパトンでのショッピング途中のランチの時間はぜひここへ。
私ならディナーも来てしまうと思います。

ごめんなさい。カフェネロ@ブラックキャニオンさん。
食わず嫌い、とはこのことでした。
とっても良い意味でだまされちゃった気分です。

*CAFE NERO カフェネロ ジャンクセイロン店*
*営業時間 11:00~22:00
*メニューは英語とタイ語表記ですが、すべて写真付き
*エアコンのきいた屋内席と灰皿を用意した屋外テーブルがあります。
*場所はジャンクセイロン内。1階ポートエリアからシノプーケットエリア。
新しく出来たピザハットの近くです。
噴水のある広場から、中国風の赤提灯がぶら下がるエリアへ進んでください。
2008-09-01(Mon)
 

侍~サムライ~レストラン

鉄板焼きとお好み焼きの侍レストランがオープンしました!
IMG_5050.jpg
8月24日にロイヤルパラダイスコンプレックス内・元れんが屋さんの場所に新しく「鉄板焼きとお好み焼き」のお店、その名も侍SAMURAIがオープンしたそうで、店長さんがオフィスに挨拶に来られたのでアップルツアー一同7名でさっそく押しかけました!
同じ日本人経営のお店。プーケットに在住する仲間として末永くがんばっていただきたい。
それよりも、山芋入りのお好み焼きって!!!山芋入りぃ~~~!!!!

プーケットに長年住んでいると、日本食材を手に入れる難しさは重々身にしみてます。
ほんの10年前までは賞味期限の切れたしょうゆと粉わさびくらいしか売ってませんでしたよね。
しかも日本の5割り増しくらいの値段で。
なんでも揃うバンコクとは同じ国といえども雲泥の差です。今でこそスーパーで日本製の日本食がわずかに手に入るようになりましたが(やはり値段は高い・・)、やっぱり生鮮食品はまだまだ程遠い存在。
そんな中、よくぞ山芋入りのお好み焼きを作ろうと思いましたね!
というのが一番の評価すべき点だと思います。

これです。これがパトンでいただけるようになりました。
IMG_5108.jpg
日本人男性の店長さんは大阪出身で、なるほど、お好み焼きにはかなりこだわったそうです。
水も卵も食材も日本とは違うらしく、日本と同じ分量で作ると違うものになってしまう。
なので、出来る限り分量を調節し、そして出来上がったのがこれだそうです。
外国人のお客様は不思議そうでしたが、店長自慢のイチオシメニューです。

みんな歓喜の声を上げた、豚玉200バーツ
IMG_5067.jpg
ひと口食べてすぐ、食通のタイ人も、グルメな関西出身の日本人も、そして何でもおいしく食べれる底なし胃袋の私も、「おおお~~~~~!!!!」と歓声を上げてしまいました。
ふわふわ、なんです。山芋の成果ですね。日本でもこんなおいしいお好み焼き食べたことありません。
話は横道にそれますが、私が以前日本で働いていた会社は大阪が本社。社長も大阪の人。
初めて本社会議に出席したときに社員全員で焼肉とお好み焼き、たこ焼き持込みの飲み会とシメのラーメンで夜明けを迎えるって経験をさせていただきました。
食材の宝庫と言われる北海道出身の私です。味覚には根拠の無い自信がありました。
でも、大阪でそんな「くいだおれ」の経験をさせていただいてから、大阪の人の食へのこだわりはすごい!と思うようになりました。
このお好み焼き、あと3枚食べれます。
お値段ちょっと高め?ちょっと小さめ?
いえいえ、この味を「この」プーケットで提供してくれている努力は評価に値します。拍手拍手!

串焼き盛り合わせ 150バーツ
IMG_5072.jpg
ビーフ・ポーク・チキンの3種類から1種類選んで、他に野菜がついてきます。
甘めのタレがついてきます。ごはんと食べたいですね。

毎日食べたい、焼きおにぎり 2個70バーツ
IMG_5106.jpg
焼きおにぎり?そう、おにぎり大好き!しかも大ぶりで日本米使用。これも鉄板で焼いてくれます。

1階の鉄板焼きコーナーは人気です
IMG_5082.jpg
子供たちも興味シンシンの鉄板焼きを目の前で見ながら。
鉄板焼きコースのようなパフォーマンスはないですが、目の前で作ってくれた料理がセットとして提供されます。
「あ、やっぱりお好み焼き追加!おにぎりも焼いてちょうだい!」ってかんじです。

鉄板焼きメニューはインポートビーフ・タイビーフ・ポーク・チキンにシーフードなどいろいろ揃っています。
それぞれの鉄板焼きの料金ですが・・・・・
☆鉄板焼きの単品 250バーツ
☆セット(味噌汁・ライス付) 350バーツ
☆侍セット(味噌汁・ガーリックライス付) 390バーツ
が大体の価格帯です。サーモンやサバなんかもあるんですよ。
ガーリックライス、しょう油味で香ばしくておいしかった~。

1階席と2階席があります
IMG_5060.jpg
やっぱり鉄板の目の前で食べたいですよね。だったら1階。1つの鉄板の前に最大7名まで。
もっと大人数の場合は2階席も用意されています。

時々、お客様より
「プーケット3日目ともなると、タイ料理以外が食べたくて・・・」ってよく聞きます。
だったらココで安心の味!安心の日本人経営!
ビーチロードにある相撲取りのオブジェが目印の焼肉と日本食の「匠」の姉妹店になるそうです。

今月30日までオープニングイベントで全品30%割引!!
30日までにもう一回行こうかな~。
その後も随時、イベント開催予定だそうです!楽しみ!
ごちそうさまでした!これからもがんばってくださいね!

*鉄板焼きとお好み焼き 侍~SAMURAI~*
IMG_5041.jpg
*営業時間 15:00~23:00(ラストオーダーは22:30)
*電話番号 まだありません。
*料金に10%のサービス料が加算されます。
*場所はロイヤルパラダイスコンプレックス。入り口から20メートルの場所です。
*そのほかのメニュー・・・
 ハンバーグセット  400バーツ(今回食べてませんが非常に気になりますね~)
 豆腐ステーキセット 220バーツ
 アスパラ巻き盛り合わせ 100バーツ
 天ぷら盛り合わせ 180バーツ
 海老・イカ・銀だらのミックスシーフード焼き 350バーツ
 豚焼きそば 120バーツ   などなど。
2008-08-28(Thu)
 

エップセープ<イサーン料理>

パトンの絶景を眺めながらの、ソムタムはいかが?
IMG_3573.jpg
ソムタムなどのイサーン料理を・・・・・
IMG_3558.jpg
こーんな景色の中食べることができるのは、プーケットのよいところ!!イェイイェイ~

一ヶ月に一度くらい利用させていただいております。
IMG_3515.jpg
ここはカリムビーチからさらにカマラ方面、タヴォンビーチビレッジ&スパに行く途中にあるお店。
海沿いの崖の傾斜を利用して建てられたイサーン料理屋台です。
お店の看板はタイ語のみ。
そうです、タイ人の利用が圧倒的に多いのです。車やバイクがなければ来られない場所ですしね。
さらに、タイ人カップルのデートで利用しているのを見受けます。
タイ人のカップルって、無言でごはん食べてますよね?そんな姿が目に付きます。
地元の人たちだけで独占させませんよ!紹介しちゃいます!

全4階建て!?
IMG_3619.jpg
道沿いにも竹で組んだテーブルがあります。
でも、急な階段を下りてゆくと、まずは普通のテーブルのフロア。
さらに降りると、座敷タイプのエリア。
そして一番下が一番海の眺めがいいテーブルになっています。
階段、ちょっと大変だけど空いていたらぜひ一番下まで行ってみてください。
すべてオープンエアー、屋根はついていますので全天候型です。

ガイヤーン味付鶏もも肉焼き 60バーツ
IMG_3539.jpg
味がしっかり染み込んでやわらか~いです。

ソムタム・タイ 50バーツ
IMG_3544.jpg
これに生野菜がたくさんつきます。私は辛いのが苦手なので、いつも唐辛子なしでお願いしてます。

ラープムー 80バーツ
IMG_3542.jpg
豚ひき肉のサラダ。あの「ラープ」です。
これはさすがに辛くて、カオニャオ(1つ10バーツ)と一緒に食べてちょうどよくなりました。
2人でジュース2本飲んで260バーツ。
他にもメニューありますが、(タイ語だったような気がします・・・)いつも頼むのはこれ。

道沿いが入り口とキッチンとなってます
IMG_3617.jpg
パトンビーチ方面からプーケットファンタシーへ向かう道沿いの海側を見ていてください。
ところどころ眺められる海に気を取られていると、このお店を見逃します。
他にも海沿いソムタム店は何軒かあります。
ドライブの途中で立ち寄るのにぴったりだと思いますよ。

*エップセープ*
営業時間  8:00~22:00(不定休)
住所 249/1 プラバラミーロード パトンビーチ カトゥ プーケット
場所 *建築中のビラ・サンティのエントランス正面
    *スイートホームレストランの斜め前
    *パトン中心地からトゥクトゥクでカマラビーチ方向へ約10分弱。
注意 *木が生い茂っている場所です。虫除けなど持って行くとよいでしょう。
    *イサーンレストランですが、お酒類の持ち込みには料金が加算されます。
2008-08-15(Fri)
 

ザ・ビストロ by ミレニアムリゾート

なんと!今だけミレニアムリゾート内の飲食すべて50%オフ!!
IMG_2359.jpg

<ミレニアムリゾートパトン・レイクサイドのロビーです>
毎日毎日ミレニアムリゾートの前は通りますが、実はまだ入ったことは1度しかありません。
ましてや食事はしたことありません。
でも、6月30日までメニュー全品50%オフ!となれば慌てて出かけました!
バーゲン・セール・アウトレットなど様々な割引モノに敏感な今日このごろ。(←というか、いつもです。)

ミレニアムパトンには4つのレストラン&バーがありますが、すべての店舗・すべてのメニューが50%オフ、ですよ!
しつこいですか?

とにかく、行ってきました。

レイクサイド側の1階・the bisto
IMG_2360.jpg

レイクサイドご宿泊のお客様の朝食レストランにもなっているこのビストロには、洋食とタイ料理、そしてシンガポール系のホテルらしく多国籍料理もありました。
メニューは全体的に少なめですね。ジャンクセイロン併設なのでわざわざホテルレストランでお食事される方も少ないのでしょう。
ランチの時間(12時半ごろ)に入店しましたが、ひとりもお客様見かけませんでした。

無料のパンがサービスされました
IMG_2337.jpg

バターがバラの花びらをかたどっててかわいいですね~

スパゲティカルボナーラ 260バーツ→130バーツ
IMG_2339.jpg

しいたけ入りの濃厚なカルボナーラ。麺はやわらかめ。作りおきだったら許さんぞ!
濃かったです。だけと味は薄め。盛りは少ないけどちょっとだけ残しちゃいました~。スミマセン。

サーモンのエスカロップ 350バーツ →175バーツ
IMG_2344.jpg

下にひいてあるのはズッキーニのサルサとカリフラワーのピュレです。

ランチにはこの程度でちょうどよいくらい。
これにジンジャーエール(70バーツ→35バーツ)でぴったりのランチでした。

本当はビーチサイド側の2階にある多国籍レストランのSTRAITS DININGと迷ったんです。
ワンタンスープ 120バーツ→60バーツに惹かれてしまって。
でもまだ6月30日までの特別割引、とのことなので来週のランチにまた行ってこようと思っています。

どうやら、レストラン入り口には50%割引なんて表示はなくて、ジャンクセイロン入り口側にある広告と割引券がなければ適用にならないらしい???んですが、
なぜか、アップルツアーにて割引券配布中(笑)
スタッフに数枚渡されてしまって。
そんなに毎日来るように見えたかしら??

普通のタイ料理、トムヤムクンやタイチャーハンもすべて半額!
ジャンクセイロンで迷ったら、ホテルディナーはいかがですか?
ただし、今月いっぱい、です。

THE bistro
場所 ミレニアムパトンリゾート・レイクサイド1階
営業時間 7:00~23:00
*店内は屋内席・屋外席に分かれています。
*となりのバーでは今月行われているユーロの観戦モニターが用意されていました。
 (こちらのバーでもお飲み物が50%オフです!)
2008-06-19(Thu)
 
プロフィール

アップルツアー@プーケット

Author:アップルツアー@プーケット
タイ・プーケットで365日営業中の旅行会社「アップルツアー」です。
おかげさまで2015年8月にてオープン13周年を迎えます!
定番の初心者向けからリピーターやタイ在住者向けまで満足度の高いオプショナルツアーやスパの予約をご相談させていただきます!


*アップルツアーオフィス所在地*
127 Hongyok Utit Road, T.Talad Yai, A. Muang, Phuket
(ロイヤルスパすぐ)
電話(076-354162)
営業時間 9:30~20:00

appletour_phuket@yahoo.co.jp

ブログ内検索